メディア

あなたが一番「思い入れのあるゲーム機」はなんですか?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1983年、任天堂から発売されたファミリーコンピュータの登場により、家庭用ゲーム機は爆発的に普及しました。そんなファミコンの登場から、もうすぐ40年。

 そこで今回ねとらぼ調査隊では「あなたが一番思い入れのあるゲーム機は?」というアンケートを実施します。

 それでは、アンケート対象となっているゲーム機を紹介します。

advertisement

ファミリーコンピュータ

 任天堂より1983年に発売された家庭用ゲーム機。アーケードゲームで人気があった「ドンキーコング」をはじめとするさまざまなゲームが、家庭内で遊べるよう開発されました。

 最初に販売されたカセットは、「ドンキーコング」「ドンキーコングJR.」「ポパイ」の3本。徐々に人気が上がり、1年間で300万台以上も売り上げる結果になりました。「なんで、2P側のコントローラにマイクがあるの?」と世代が違うと疑問に思うそうですが、実はこれでいろんなゲームの裏技が使えたんですよ。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ"

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

5,660円(10/28 15:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

Nintendo Switch

 任天堂が2017年に発売した「携帯型ゲーム機としての利用もできる据置機」です。キャッチフレーズは「カタチを変えてどこへでも」「いつでも、どこでも、誰とでも」。Joy-Conを生かし、従来のゲームではありえなかった楽しみ方ができるハードです。

 一時は「あつまれ どうぶつの森」の人気も相まって、Switchが手に入りにくい状況となりました。ソフトのラインアップは「マリオ」「ゼルダ」などの人気シリーズはもちろん、インディーゲームも充実しており幅広い層に支持されるゲーム機です。

advertisement

ゲームボーイ

 1989年、任天堂が「携帯できるファミコン」として発売したゲームボーイは、累計販売台数が1億台を突破した携帯型ゲーム機です。その後は小さくなった「ポケット」、カラー画面が楽しめる「カラー」、性能を大幅にアップさせた「アドバンス」「アドバンスSP」など、多くのシリーズが誕生しました。

 初代のゲームボーイは、モノクロ液晶。現在からすると本体に対し画面が小さく、充電式ではなく電池で動く仕組みでした。

advertisement

PSP/PS Vita

 2004年、PlayStationの発売10周年を記念してソニーが発売した携帯型ゲーム機です。初めてマルチメディア視聴機能やWi-Fi、Webブラウザを搭載したため、多くの人に衝撃を与えました。

 当初は「21世紀のウォークマン」と位置づけられた経緯もあり、スタイリッシュな見た目も人気でした。

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)"

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

34,880円(10/28 15:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

セガサターン

 1994年、セガ・エンタープライゼスから発売された家庭用ゲーム機です。代表的なゲームに「バーチャファイター2」があり、日本国内ではセガ初のミリオンセラーを記録しました。

 ちなみに、「セガサターン」という名前は、セガ6番目のコンシューマゲーム機ということから、太陽系第六惑星である土星に由来しているそうです。

セガサターン本体 NEWパッケージ"

セガサターン本体 NEWパッケージ

59,800円(10/28 15:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

その他

 ゲーム機の歴史は古く、ファミコン登場以前にも、家庭用ゲーム機は存在していました。また、ファミコン登場以降もさまざまなゲーム機が発売され、熱狂的なマニアを生んだハードも存在します。

 投票対象の紹介は以上になります。下の投票より「思い入れのあるゲーム機」を投票してくださいね! 今回の投票対象にゲーム機に思い入れがあるという人は「その他」への投票をよろしくお願いします。

アンケート

思い入れのあるゲーム機は?
合計:557票
実施期間:2021/06/09〜2021/06/22
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.