メディア

うなぎの蒲焼風かまぼこ「うな次郎」がさらに進化! これで十分 or やっぱり本物が良い……あなたはどっち?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 一正蒲鉾は6月1日、ウナギの長焼きを再現した「すごーく長いうな次郎 蒲焼風かまぼこ」を発売します。夏季限定販売で、価格は498円(税抜)。

 「うな次郎」は魚のすり身で作った蒲焼風かまぼこで、うなぎのほろっとした食感や皮目の質感までこだわって作られた商品。2016年に発売され、その再現度の高さが話題となりました。

 今回の「すごーく長いうな次郎」は、これまでの“串焼き風”よりもさらに長く、うなぎを1匹開いたサイズに似せた“長焼き風”。パックにはタレと山椒も付いてきます。

 500円でうなぎ風味が味わえる「すごーく長いうな次郎」、お手頃価格のこちらで十分なのか、それともやっぱり本物のうなぎが食べたいのか……発売前の期待度をアンケート調査します。ご協力お願いいたします!

アンケート

すごーく長いうな次郎、食べてみたい?
合計:204票
実施期間:2020/05/25〜2020/05/31
投票は締め切りました
advertisement

画像ギャラリー

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.