メディア

「転生したい戦国武将」ランキングTOP20! 2位の「真田幸村」を上回る1位は? 【信長の命日】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日6月21日は、新暦でいう「本能寺の変」が起こった日。すなわち「織田信長の命日」でもあります。1582年のこの日、信長の家臣であった明智光秀が謀反を起こし、本能寺を襲撃しました。大河ドラマ「麒麟がくる」の記憶も新しいところですね。

 そんな歴史的な日にちなんで、今回はねとらぼ調査隊で実施した「転生したい戦国武将アンケート」の結果をご紹介します。気になる織田信長は、第4位にランクイン。では、上位の結果を見てみましょう。

advertisement

第2位:真田幸村

 第2位は「真田幸村(真田信繁)」でした。得票数は270票、得票率は12.5%です。

 「大坂夏の陣」で家康を追い詰めたことで、後には「日本一の兵(つわもの)」とたたえられた幸村。読者から寄せられたコメントでは、幸村のほかに父の「真田昌幸」や兄の「真田信之」に転生したいという声もありました。

三光神社(大阪)の真田幸村像
advertisement

第1位:上杉謙信

 第1位は「上杉謙信」でした。得票数は374票、得票率は17.4%です。

 上杉謙信は、越後国の大名にして関東管領。戦国時代でも屈指の戦上手とされる戦国大名です。武田信玄の宿敵であり、川中島の戦いでは何度も相対しました。「毘沙門天の化身」を自称し、その神がかり的な強さから、後世には「軍神」や「越後の龍」とも称されました。

 上杉謙信は、過去に実施した「一番好きな戦国大名は?」のアンケートでも1位を獲得しており、納得の人気を誇っています。

山形県米沢市・上杉謙信銅像

 「転生したい戦国武将ランキング」TOP20の全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.