メディア

「半袖シャツ」Amazon売れ筋ランキングTOP10&おすすめ5選! 夏シャツ選びに迷ったらアウトドアブランドを選ぶのが吉

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 炎天下での体調管理にも役に立つのが、アウトドアブランドからリリースさせている半袖シャツ。高機能でありながら、コストパフォーマンスに優れ、手に入りやすいアイテムも多くそろっています。

 その使いやすさやから、街中でも着用している人を何人も見かけます。ここでは、そんなアウトドアブランドの半袖シャツたち紹介していきます。

advertisement

HAGLOFS ドライ ストレッチ シャツ ショートスリーブ

 1914年に誕生したHAGLOFS(ホグロフス)は、森林で働く人々のための機能的でシンプルなバッグからスタートしたアウトドアブランド。こちらのシャツは、吸汗速乾のHAGLOFS(ホグロフス)ナイロンストレッチシャツ。柔らかな手触りとドレープ、ストレッチ性が特徴で、胸元には圧着仕様のポケットが付いています。フィールドでの使用を想定し、オフセットシームで、バックパックとの干渉を軽減、ナイロン混紡で耐久性の高さも特徴です。

advertisement

patagonia メンズ・セルフガイデッド・ハイク・シャツ

 トレイルや旅先で多用途に使え、手入れも容易なシャツ。速乾性とUPF(紫外線防止指数)50+のUVプロテクションを提供する軽量なリップストップ・リサイクル・ポリエステル素材を使用し、フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用しています。背中中央に施した縦型のベンチレーションはバックパック着用時も動きやすさと通気性を促進してくれます。

advertisement

nanamica Open Collar Wind H/S Shirt

画像はnanamicaより引用

 ポリエステル芯に綿糸をカバーリングしたシャツ。フロントの5つボタンや裾のラウンドが特徴で、ドットボタンに飾りボタンホールを入れる事で普遍的なシャツの様な見え方に、見頃のボリューム感が特徴のゆったりとしたシルエットです。シンプルなデザインはファッションを選ばず、正統派で爽やかなコーデを作ってくれそうです。

advertisement

and wander dry linen open collar shirt

画像はandwanderより引用

 2011春夏に池内啓太さん、森美穂子さんの2人でブランドがスタートしたand wander(アンドワンダー)。こちらは、クールマックスの糸(インビスタ社がペットボトルの再生繊維から作り出した涼感素材のこと)を用いた吸水速乾素材のリネン混のシャツ。ザックを背負った時に干渉しない位置にポケットが付き、フラップにはカラビナがついています。

advertisement

THE NORTH FACE ショートスリーブマラパイヒルシャツ NR22060

 多機能な素材を、日常着に使いやすいデザインに落とし込んだシャツです。ナイロン100%ながらコットンライク。撥水性、軽量性、ストレッチ性、ドライ性などを備えた素材になっています。シワになりにくく、イージーケアなのも魅力です。静電気の発生を抑える静電ケア設計を採用、シルエットはボックスフィットの開襟タイプで、フロントはドットボタン仕様になっており、着脱が容易でさっと羽織るスタイルにも活躍します。着飾らないラフな装いを目指す人にはぴったりです。

advertisement

アウトドアブランドの「半袖シャツ」売れ筋からピックアップ

 ここまで「半袖シャツ」のおすすめを紹介してきました。次のページではAmazon.co.jp「半袖シャツ」ランキングTOP10を掲載しています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.