【70代以上が選ぶ】憧れの歴代「石原軍団メンバー」ランキングTOP14! 第1位は「石原裕次郎」【5月17日は石原裕次郎さんが映画デビューした日】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 昭和を代表するスター・石原裕次郎さんのデビュー作となる映画「太陽の季節」が公開されたのは、1956年の5月17日です。石原さんは、その後映画「狂った果実」で主演を務めるとすぐに銀幕のスターとなり、さまざまな作品で活躍しました。1963年には、石原プロモーションを設立。「太陽にほえろ!」「西部警察」など、現在でも人気が高いドラマを生み出してきました。歌手としても「銀座の恋の物語」「ブランデーグラス」などヒット作を持ち、今なお多くのファンに愛されています。

 今回は「石原裕次郎さんが映画デビューした日」を記念して、「【70代以上が選ぶ】憧れの歴代「石原軍団メンバー」ランキング」を紹介します。

 このランキングは、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の70代以上を対象に実施した「一番憧れる歴代石原軍団のメンバー」についてのアンケート調査によるもの。

 石原さんを中心とした「石原プロモーション」に所属するタレントは、「石原軍団」の愛称で親しまれました。果たして、70代以上から「一番憧れる」と票を集めたのは、どのメンバーだったのでしょうか?

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年9月1日
調査対象70代以上の男女
有効回答数181票
advertisement

【70代以上が選ぶ】一番憧れる歴代の「石原軍団」メンバーランキング

出典:Amazon.co.jp
Best Of Best"

Best Of Best

石原裕次郎
1,999円(06/13 22:13時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:渡哲也

出典:Amazon.co.jp

 第2位には、「渡哲也」さんがランクインしました。1964年に日活へ入社すると、「あばれ騎士道」でデビュー。「東京流れ者」「無頼」シリーズなどで人気を集めます。その後、1971年に石原プロモーションに入社し、「大都会」「西部警察」シリーズで主演を担当してきました。

 歌手としても「くちなしの花」「みちづれ」などが大ヒットし、「NHK紅白歌合戦」にも出場。石原裕次郎さんが死去した後は、石原プロモーションの2代目社長に就任しました。

advertisement

第1位:石原裕次郎

出典:Amazon.co.jp

 第1位に輝いたのは、「石原裕次郎」さんでした。1956年に映画「太陽の季節」に出演。日活へ入社し、映画「狂った果実」で主演を担当すると、一躍スターへと成長します。

 1963年に石原プロモーションを設立すると、「太陽にほえろ!」「西部警察」など伝説的な刑事ドラマを制作。自身も出演し、「ボス」として後輩たちを引っ張り続けました。俳優業だけでなく歌手としても活動し、「銀座の恋の物語」「ブランデーグラス」などのヒット曲を発表。昭和を代表する大スターで、1987年7月に逝去した後も、多くの人に愛され続けています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「芸能人」のアクセスランキング