「現存天守12城」であなたが「見ごたえがあると思う城」はどれ?【2024年版・人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 戦国時代に建築が始まったといわれている、日本の城の象徴ともいうべき「天守」。かつては日本全国にさまざまな規模・形状の城が築城されていましたが、江戸幕府の一国一城令や、地震・火事などの災害、明治政府の廃城令や戦争の影響などで失われた結果、国内に現存する天守は12城のみとなっています。

 そこで今回は「現存天守12城で見ごたえのある城だと思うのは?」というテーマでアンケートを実施します。まずは、現存天守の中から3つをピックアップして紹介しましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

松本城

画像:写真AC

 「松本城」は長野県松本市にある城。漆黒の外観に威風堂々とした佇まいの天守で、内堀に面しているのが大きな特徴です。堀の水面に映る天守の姿など、見どころも満載。また、城周辺は入場無料の総合公園となっていて、四季折々にさまざまなイベントが開催されています。

advertisement

犬山城

画像:写真AC

 「犬山城」は愛知県犬山市にある城。2004年まで個人に所有されていたという城であり、尾張国と美濃国の境という重要な場所に築城されました。かつて織田氏をはじめとする名だたる大名たちが城主となってきた歴史があり、令和の時代になっても新たな発見が多い城となっています。

advertisement

姫路城

画像:写真AC

 「姫路城」は兵庫県姫路市にある城で、日本の国宝であるとともに世界遺産にも登録されています。純白の漆喰で塗られた美しい外観と優雅な雰囲気を持つことから「白鷺城」の別名でも知られており、現存天守12城の中では最も大きな天守でもあります。昼間の姿ももちろん美しいですが、夜にライトアップされた姿もまた魅力的です。

advertisement

「現存天守12城」で見ごたえのある城だと思うのは?

 ここまで、現存天守12城の中から3城を紹介しました。日本の長い長い歴史を今に伝える現存天守は、いずれも異なる魅力を持っています。

 そんな現存天守12城の中で「見ごたえがある」と思う城にご投票ください。また、各城の魅力やその城にまつわる好きなエピソード、周辺のおすすめスポットなども、ぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしております!

参考

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「人気スポット」のアクセスランキング