メディア

「JR SKISKI(JRスキーキャンペーン)のCMガール」で好きなのは誰?【本田翼、広瀬すずなど / 人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 JR東日本が行っているスノーレジャーのキャンペーン「JR SKISKI」。1991年から続く歴史あるキャンペーンで、人気の芸能人をイメージキャラクターに起用したテレビCMなどが例年話題になっています。

 そこで今回は「あなたが好きな『JR SKISKI』の歴代CMガールは?」というアンケートを実施します。あなたにとって印象深かったCMガールをぜひ教えてください! それではさっそく、アンケート対象の歴代CMガールから3人を紹介します。

advertisement

本田翼

 2012~2013シーズンのイメージキャラクターに起用されました。CMは本田さんたち6人の男女が雪景色の中でスキーを楽しむ姿や、甘酸っぱい恋愛模様が印象的な内容で、本田さんの笑顔にひかれた人も多かったのでは?

 2021年3月には、2020~2021シーズンのイメージキャラクターとして再び起用されました。前回と同じく、思わず胸がキュンとする表情や仕草を見せてくれます。

advertisement

川口春奈

 2013~2014シーズンのイメージキャラクターに起用されました。キャンペーンのキャッチコピーは「ぜんぶ雪のせいだ。」。CMで披露された、ダサいと思っていた青年のカッコ良さにひかれて「これがゲレンデマジック……?」と呟く姿や、そんな彼に勝負を挑んだ時の「しないの? キス」の一言に、メロメロになった人は多いはず。

 SEKAI NO OWARIが手がけたCMソング「スノーマジックファンタジー」の相乗効果もあり、スキーに行くとマジックのように素敵なことが起こるかも……とワクワクさせてくれました。

advertisement

広瀬すず

 2014~2015シーズンのイメージキャラクターに起用されました。キャンペーンのキャッチコピーは「答えは雪に聞け。」。CMでは、第一印象と直感から2人の青年にひかれ、「運命の赤い糸が2本あったら、どうすればいいんだろう?」と悩む、そんな運命的な出会いや素朴なやりとりが印象的でした。CMソングはロックバンド・back numberが手がけた「ヒロイン」。CMのストーリーとマッチした切ないメロディに胸を打たれた人も多いのでは?

advertisement

「JR SKISKI」の歴代CMガールであなたが好きなのは?

 投票対象は13人の歴代CMガールです。CMでは、それぞれ違った魅力を見せてくれました。皆さんが最も思い入れのあるCMガールを教えてください。それでは、投票よろしくお願いします!

advertisement

アンケート

関連人物

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.