メディア

「中国・四国の新卒就職企業」人気ランキングTOP29! 1位は「マツダ」【2022年卒版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 マイナビは、日本経済新聞社と共同で実施した「2022年卒版就職企業人気ランキング」の結果を公開しています。今回はその中から、中国・四国地方の人気企業ランキングを紹介します。

(出典:マイナビ

advertisement

第3位:オタフクソース

 第3位は「オタフクソース」でした。広島県広島市に本社を置く調味料メーカーです。お好み焼き屋との試行錯誤を経て誕生した定番の「お好みソース」のほか、焼きそばやたこ焼き向けのソースも販売。業務用向けにお好み焼き専用の粉も提供しています。2020年には、世界各国の食習慣などに配慮して輸出用の「お好みソース」と「焼そばソース」をリニューアルするなど、海外での商品展開にも注力しています。

advertisement

第2位:エフピコ

 第2位は「エフピコ」でした。広島県福山市に本社を置く企業で、食品容器などの製造や販売を行っています。食品トレーでは業界トップクラスのシェアを誇り、1962年の創業以来、2021年度3月期の決算まで1度も赤字を出したことがありません。福利厚生や研修制度が充実しており、2018年度の社員定着率は97.1%となっています。

advertisement

第1位:マツダ

 第1位は「マツダ」。広島県安芸郡府中町に本社を置く自動車メーカーで、2020年に創立100周年を迎えました。“カーライフを通じて人生の輝きを人々に提供する”や“挑戦することを真剣に楽しみ、独創的な道(どう)を極め続ける”などの企業理念を掲げています。自動車の走行性能だけでなくデザインにもこだわり、これまでにアテンザやアクセラ、デミオ、ロードスターなど、数々の名車を世に送り出しています。

「マツダ」公式サイトより引用

 ランキングの全順位は次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.