メディア

「陸上珍プレー選手権」がTwitterで開幕! 笑いの神が降りてきた動画でいっぱ……いや身体能力すげぇな!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 Twitter上で、陸上競技の迷シーンを紹介し合うハッシュタグ「#陸上珍プレー選手権」が開幕し、おもしろ陸上競技の動画が集まっています。

 「#陸上珍プレー選手権」は、陸上競技の動画をYouTubeにアップしている「歌うマラソンジャンパーやっくん」さんによる企画で、いいね数が多い上位5名と審査員特別枠5名を選抜してYouTubeに動画を投稿するというもの。

 ねとらぼ調査隊では、審査員には元日本代表選手も参加するというこの企画に注目し、6月5日16時時点での「#陸上珍プレー選手権」のRTランキングを紹介していきます。

コンディション悪かっただけだから……

 ランキングの前に、まずは個人的に注目したツイートを紹介させてください! 種目別で選んでみました!

四段跳

 まずは、「こんなハッシュタグが出来たらこの動画を出してくるしかない」というツイート。競技種目は四段跳。

 「ホップ→ホップ→ステップ→ジャンプ」の手順で跳ぶはずが……。

 最後のジャンプが空振ってしまい、まるで砂場が自分の部屋のベッドだと言わんばかりのダイブ。ステップまでの躍動感がすごいだけに衝撃的な映像となっています。

 ちなみに、これだけのダイブをしても無傷だったそうです。よかった……。

棒高跳

 次に紹介するのは棒高跳の投稿動画。手に長いポールを持ち、ポールの反発力を利用して高いバーを跳び越える競技ですが……。

 こちらの動画では体を起こしきれず、ポールにつかまったままバーを体で落とし、その後、持っていたポールが脳天に直撃。会場も笑いに包まれています。地上に降りると同時に、笑いの神も降りてきてしまった珍プレー。

短距離走

 続いては短距離走と思われる競技での珍プレー。

 ツイートの動画では、スターティングブロック(スタブロ)に足を乗せて、セットまで行きますが、スターターピストルが鳴っても一人ぽつんとスタート地点に取り残されちゃってます。セットであげた腰をスゥっ……と降ろす姿から漂う哀愁がなんとも……。

 ツイート主によれば「セットとパンの間が思ったより長すぎてスタートできなかった」とのことです。

三段跳

 最後に紹介するのは三段跳での珍プレーというか、凄ワザ。

 ツイートには「ジャンプミスって咄嗟の四段跳」とありますが、

 ホップ→ステップ→ジャンプ→“前方宙返り”

 もはや新競技ですよ……。とっさに前宙できちゃうって、やっぱ陸上選手って凄い。

advertisement

6月10日まで募集中

 今回の企画では6月10日までの期間で、いいね数が多い上位5名と審査員特別枠5名が選ばれるそうです。気になったという方はTwitterハッシュタグ「#陸上珍プレー選手権」を検索して、面白いと思った動画に「いいね」してみてはいかがでしょうか?

 注目のRTランキングTOP10は次のページです!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.