2024年1月~6月公開の「アニメ映画」で面白かった作品はどれ?【人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 オリジナル作品だけではなく、漫画や小説、ライトノベル、ゲームなどさまざまなメディアから製作されるアニメ映画。2024年もこの半年だけでたくさんのアニメ映画が公開され、話題となりました。

 そこで今回は、「2024年1月〜6月公開のアニメ映画で面白かった作品は?」というテーマで人気投票を実施します。今年の上半期で特にお気に入りだった劇場版アニメがあれば、ぜひ投票にご参加ください。まずは、投票対象から3作品をピックアップして紹介します。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

 「機動戦士ガンダムSEED」シリーズの続編として制作された「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」。「コズミック・イラ」(C.E.)を舞台に、地球と宇宙コロニーの対立と、それに関わる人々のドラマが描かれています。

 ギルバート・デュランダルの野望が阻止されてから1年、未だに紛争が続いている地球が舞台。新たに独立したファウンデーション王国が、主人公・キラたちの所属するコンパスにブルーコスモス残党軍打倒のための共同作戦を提案し、物語が動き出します。

advertisement

劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦

 2024年2月に公開された「劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦」。古舘春一さんによるバレーボールをテーマとした漫画作品『ハイキュー!!』が原作のアニメ映画で、春高予選での激戦を描いています。

 「ゴミ捨て場の決戦」とは、「烏(烏野)と猫(音駒)」の校名から名づけられた両校の因縁の対決を指す言葉。選手たちの成長や絆、バレーボールへの情熱が見どころで、感動的で熱い展開が繰り広げられます。

advertisement

名探偵コナン 100万ドルの五稜星

 2024年4月に公開された「名探偵コナン 100 万ドルの五稜星」は、大人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版シリーズ27作目にあたり、北海道函館市の五稜郭を舞台にした作品となっています。

 怪盗キッドから、斧江財閥の収蔵庫に保管されている刀を盗むという予告状が届く場面から始まる今作。さらに函館では十字傷の付いた死体が発見され、キッドや斧江家の宝を狙う人物たちとの激闘が幕を開けるのでした。興行収入は150億円を突破し、シリーズ最高クラスの興行収入を達成しています。

advertisement

2024年1月~6月公開のアニメ映画で面白かった作品は?

 2024年の前半も、多くの魅力的なアニメ映画がありましたね。もし、投票したい映画が選択肢にないという場合は、その他を選んでコメント欄に作品名を記入してください。また、それぞれのアニメ映画の見どころや感想についてもぜひコメント欄にお寄せください。それでは、投票をよろしくお願いします!

参考

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング