メディア

【西部警察】あなたが一番好きな大門軍団の刑事は誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 魅力あふれる登場人物が織りなす人間ドラマと、派手なアクションシーンを組み合わせたことで人気を博した「大都会シリーズ」を、さらにパワーアップさせた「西部警察」。特殊武装の警察車両が登場することが大きな特徴のドラマで、大人のみならず子どもたちからも高い人気を誇りました。

 そこで今回は「『西部警察』の大門軍団で好きな刑事は?」というアンケートを実施したいと思います。銃撃戦やカーチェイス、バイクアクションなどの活躍を見せる大門軍団の中で、あなたが最も好きな刑事を教えてください! それではまず大門軍団の4人の刑事を紹介します。

advertisement

大門圭介(渡哲也)

 渡哲也さん演じる大門圭介は、“大門軍団”と呼ばれる捜査課の刑事たちをまとめるリーダー。部下たちからは「団長」、先輩刑事からは「大さん」の愛称で親しまれています。

 犯罪に対して一切妥協することのない冷徹な人物ですが、人情には人一倍厚く、なかなか素直になれないツンデレ兄貴といった感じです。一人称の「自分」は当時流行語にもなりました。

advertisement

木暮謙三(石原裕次郎)

 石原裕次郎さん演じる木暮謙三は、大門軍団の刑事たちの暴走を抑えるお目付け役。元々はキャリア官僚として入庁し、最年少で警視総監になることを周りから期待されていましたが、自ら現場での仕事を望み西部署の課長に着任しました。

 部下が失態をおかしても頭ごなしに責めず、さらに部下たちが思う存分捜査できるよう陰でサポートするなど、まさに理想の上司と言える人物です。大門軍団に含まない場合もありますが、今回はメンバーの一人として数えます。

advertisement

松田猛(寺尾聰)

 寺尾聰さん演じる松田猛は、大門の右腕として活躍する、大門軍団の実質的なナンバー2。「リキ」の愛称で親しまれています。サングラスを常用し、常に冷静沈着で表情一つ変えずに捜査を進めるスマートな刑事。どちらかというと物静かな性格ですが、意外と口が上手くユーモアのセンスにも長けています。

advertisement

鳩村英次(舘ひろし)

 PART1の第109話から登場した鳩村英次。仲間たちからは「ハト」と呼ばれ、親しまれていました。西部署に特別車両機動隊が設立されることとなり、大門の指名などにより西部署に赴任することに。バイクだけではなく、射撃や格闘に関しても優れたものを持っていました。

 鳩村を演じた舘ひろしさんは、PART1の第30話で辞職した巽総太郎としても西部警察に出演しており、同じ作品で2人の役を演じました。

 西部警察に登場した大門軍団の中から、4人の刑事を紹介しました。投票対象は大門軍団として活躍した18人の刑事となります。それではアンケートより、ご投票よろしくお願いします。

advertisement

アンケート:「西部警察」の大門軍団で好きな刑事は?

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.