メディア

【ahamo、povo、LINEMO】「3大キャリアの新料金プラン」で一番使いたいのはどれ?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話3大キャリアが、2021年3月から提供を開始した新しい料金プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」。いずれも月間データ容量が20GBながら月額利用料金が2000円台と、コストパフォーマンスの良さが魅力です。

 今回は「3大キャリアの新料金プランで一番使いたいのはどれ?」というテーマでアンケートを実施します。すでに利用している人も加入を検討中の人も、一番使いたいと思うプランに投票してください。

 まずは、それぞれのプランの内容を簡単に解説します。なお記事の内容は、2021年7月8日時点のものです。最新情報はそれぞれの公式サイトで確認してください。

advertisement

ahamo

 「ahamo」は、NTTドコモが提供する新しい料金プラン。3つのプランの中では月額料金が最も高いものの、5分以内の国内通話が無料かけ放題というメリットがあります。また、5分を超える国内通話かけ放題プランの月額利用料金が、ほか2社より安いのも魅力。通話機能をよく使う人に向いたプランと言えるでしょう。82の国・地域で国際ローミングが可能というのも特徴です。

advertisement

povo

 auが提供する新料金プラン「povo」は、通話機能をほとんど使わないユーザー向けです。NTTドコモの「ahamo」と違い、5分以内の国内通話かけ放題が月額550円(税込)の有料オプションとなっているかわりに、月額利用料金が2728円(税込)まで抑えられています。また24時間データ使い放題など、自分の使い方に合わせて細かいオプション(トッピング)を設定できるのも魅力です。

advertisement

LINEMO

 ソフトバンクの新料金プラン「LINEMO」の最大の特徴は、LINEとの連携。LINEアプリ(トークや通話など)が使い放題となっており、LINEアプリをよく使う人にはうれしいですね。また、スマホプラン加入後1年間に限り、5分以内の国内通話が無料となります。5G通信に対応しているのもポイント。

advertisement

まとめ

 携帯電話3大キャリアから相次いで発表された新料金プラン。どれに入ろうか迷っている人も多いでしょう。自分が一番使いたいと思うプランに投票をお願いします。また自分が思うプランの魅力を、ぜひコメント欄で教えてください!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.