メディア

【スーパー戦隊シリーズ】1990年代のシリーズ作品であなたが好きな「ロボ」はどれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「スーパー戦隊シリーズ」の見どころのひとつ、巨大ロボット。人と同じくらいの大きさのサポートロボから、巨大化した敵を打ち倒す合体ロボまで、シリーズごとにさまざまなロボットが登場します。

 今回ねとらぼ調査隊では「1990年代のスーパー戦隊シリーズ作品で好きなロボは?」というアンケートを実施します。あなたが一番好きなロボットに、ぜひご投票よろしく願いします。

 それでは、代表的な3体のロボを紹介します。

advertisement

大連王

 「五星戦隊ダイレンジャー」に登場する巨大ロボット「大連王」。作中ではロボと言わず「巨大武人」と呼ばれ、大自然から生まれた無機生命体「気伝獣」が、5体合体して誕生しました。

 鎧をまとった武将がモチーフで、赤・白・緑・黒・金の5色を効果的に配したデザインが印象的。大連王は5人のそれぞれの気力技を使える他、必殺技の大王剣・疾風怒濤は水墨画をバックにして袈裟斬りを繰り出すもので、作中で破られたことは1度もありません。

【当時物】五星戦隊ダイレンジャー DX大連王"

【当時物】五星戦隊ダイレンジャー DX大連王

45,800円(07/06 07:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

無敵将軍

 「忍者戦隊カクレンジャー」に登場する三神将の1体。1号ロボに当たる存在ですが、厳密にはメカニックの類ではなく、2000年前に妖怪と戦った三賢人の魂が転生したものとされています。

 格闘や接近戦を得意とし、燃えさかる刀で相手を一刀両断する「火炎将軍剣」や、大量の花びらを噴出する「将軍花吹雪」などの必殺技が強力。カクレンジャーは無敵将軍と融合合体して操縦するため、メカメカしいコックピット内部の描写がないのが特徴です。

advertisement

ビクトリーロボ

 「救急戦隊ゴーゴーファイブ」に登場する、5台の99マシンが合体した巨大ロボ。元々はレスキューロボとして開発されていましたが、対災魔一族用に専用武器・ブレイバーソードなどが追加されました。「剣よ、光を呼べ!」という掛け声とともにプラスエネルギーを限界まで込め、専用武器・ブレイバーソードで相手を切り裂く「ビクトリープロミネンス」が必殺技です。

 レッドラダーが胸部と両腕、ブルースローワーが腰、グリーンホバーが頭部、イエローアーマーが左足、ピンクエイダーが右足を構成。レッドラダーとグリーンホバーが合体していないものは、「ビクトリーウォーカー」と呼ばれます。

advertisement

その他(コメント欄にお願いします)

 選択肢には、主な1990年代スーパー戦隊シリーズのロボ53体をリストアップ。もし好きなロボットが選択肢にない場合は「その他」を選択のうえ、コメントでロボット名を教えてください。

 それでは下のアンケートより、ご投票よろしくお願いします!

advertisement

アンケート:1990年代のスーパー戦隊シリーズ作品で好きなロボは?

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.