メディア

「吉野家」のレギュラー丼ランキングTOP16! 圧倒的1位は牛丼に【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大手牛丼チェーンの吉野家。「うまい、やすい、はやい。」というキャッチコピーの通り、おいしくてボリュームたっぷりの丼がサッと出てくるのが魅力です。

 2021年6月13日から6月26日までの間、ねとらぼ調査隊では「吉野家のレギュラー丼メニューで好きなのは?」というアンケートを実施。みなさんから488票の投票をいただきました。今回は、その結果を発表していきます。

advertisement

第8位:牛焼肉丼

 第8位は獲得票数7票で、3商品がランクインしました。そのひとつが、甘辛い特製たれで焼いた「牛焼肉丼」です。白いご飯と濃いたれの味が、相性が抜群! 「たまには違う風味の牛丼を味わってみたい」という欲望を満たしてくれる一品です。

advertisement

第8位:チーズカルビ丼

 同じく7票で8位に入ったのは「チーズカルビ丼」でした。しょうゆの香ばしさ漂うカルビ肉に、細く刻まれたチーズが山のように盛り付けられています。牛肉とチーズという最強の組み合わせが、お腹も心も満たしてくれます。

advertisement

第8位:チーズ豚丼

 3つ目の第8位となったのが「チーズ豚丼」です。こちらは、牛肉ではなく豚肉を使ったメニューで、素朴な味わいながら肉厚な豚の食べごたえを楽しめるのが特徴。豚肉とチーズとの相性もよく、栄養満点です。

advertisement

第6位:スタミナ超特盛丼

 第7位は13票を獲得した「スタミナ超特盛丼」となりました。牛・豚・鶏という3種の肉を、ニンニクの効いたしょうゆダレで味付けしたメニューです。「超特盛」という名前の通りボリュームたっぷりで、1杯で1665キロカロリーというエネルギーも驚異的。

advertisement

第6位:ねぎだく牛丼

 第6位は13票を集めた「ねぎだく牛丼」です。もともとは築地店で誕生したメニューで、牛肉と玉ねぎの割合が1:2となり、玉ねぎのほうが多いのが特徴。ひと口頬張れば、よく煮込まれた玉ねぎの甘みが、口の中いっぱいに広がります。

advertisement

第5位:牛カルビ丼

 第5位は19票の「牛カルビ丼」となりました。焼き肉の定番・カルビをしょうゆだれで焼いたメニューです。おいしいカルビ肉を、丼のスタイルで手軽かつリーズナブルに食べられるのがうれしいですよね。

advertisement

第4位:ねぎ玉牛丼

 第4位は22票を獲得した「ねぎ玉牛丼」。牛丼の上に青ネギとタマゴをのせた、見た目からして食欲をそそるメニューです。紅ショウガをかけてみたり、卵の白身と黄身を分けてみたりと、自分なりのアレンジをする人も多いのでは?

advertisement

第3位:肉だく牛丼

 第3位は32票を集めた「肉だく牛丼」でした。牛丼にさらに牛肉をトッピングするという、肉好きにはたまらない丼となっています。「とにかく肉をお腹いっぱい食べたい!」という贅沢な夢を、叶えてくれる一品です。

advertisement

第2位:豚丼

 第2位は34票を獲得した「豚丼」となりました。2004年から約7年半にわたって販売され、高い支持を得ていた元祖豚丼の復刻版です。ヘルシー派には、牛丼よりカロリーが低いのもうれしいですよね。

advertisement

第1位:牛丼

 第1位は、吉野家の代名詞である「牛丼」で、獲得票数は288票、得票率は過半数を超える59%となりました。

 1899年に、創業者の松田栄吉さんが売り出した伝統ある牛丼は、味の染みた牛肉と玉ねぎはホッとする味わいが特徴。この味を求めて、吉野家に通う人が多いのも納得できる商品です。

 コメント欄には、「牛丼並、卵、味噌汁の一択!」「吉野家の牛丼は唯一無二の商品。どこの競合も真似できない。お新香とのマリアージュは死ぬ前の最後の晩餐にします」など、ファンからの熱いコメントも届きました!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.