メディア

キノコを水で洗わないで! よくある調理法の誤解と正しいやり方

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 キノコを料理する前に水で洗っていませんか? 実はキノコを水洗いすると、せっかくの栄養が失われてしまう恐れがあります。

 今回は、このような調理の仕方が誤解されやすい食材の、正しい調理法をお伝えします。

ハウスクリーニングやエアコンクリーニング、家事代行、不用品回収まで、暮らしにまつわる様々な「こまった」をくらしのマーケットマガジンがひとつひとつ丁寧に解決します。

advertisement

よくある調理法の誤解

 今回は、以下のよく聞く誤解の正しい知識をお伝えします。

  • 調理前にキノコを洗う
  • キノコは冷凍すると栄養分が減る
  • ゆで卵は、冷蔵庫から出した卵をすぐお湯に入れて作る
  • 卵を冷蔵庫のドアポケットにしまう
  • 茹でたブロッコリーを水にさらす
  • ブロッコリーに付着した白い粉は危険
advertisement

誤解1:調理前にキノコを洗う

 調理前にキノコを洗うと、キノコが水分を吸って風味が落ちたり、水溶性の栄養素が溶け出してしまったりする恐れがあります。おいしく食べて、栄養もしっかり摂取するためには、洗わずにそのまま使いましょう。

 ただし、山で採ったキノコなどは、洗って使うほうがいい場合があります。

advertisement

誤解2:キノコは冷凍すると栄養分が減る

 たとえば、えのき茸は冷凍することで、脂肪の吸収を抑え、脂肪を体外に排出する働きを持つ「キノコキトサン」という成分が増加するといわれています。さらに、冷凍するとうま味が凝縮されて、おいしく食べられますよ。

advertisement

誤解3:ゆで卵は、冷蔵庫から出した卵をすぐお湯に入れて作る

 冷蔵庫から出したばかりの卵をすぐお湯の中に入れると、卵が急激な温度変化に耐えられず、殻が割れやすくなってしまいます。冷蔵庫から取り出したら、いったん水を張ったボウルに10分ほど浸けておきましょう。

advertisement

誤解4:卵を冷蔵庫のドアポケットにしまう

 冷蔵庫のドアを開閉するごとに、ドアポケット(扉の裏)の付近は15度近くまで上昇します。そのため、卵が傷む恐れがあります。卵は、冷蔵庫の真ん中の段(可能であれば奥の方)にしまいましょう。

advertisement

誤解5:茹でたブロッコリーを水にさらす

 茹でたブロッコリーを水にさらすと、ブロッコリーが水分を吸収して水っぽくなってしまいます。茹でた後は、そのまま使いましょう。

advertisement

誤解6:ブロッコリーに付着した白い粉は危険

 ブロッコリーの表面に現れる白い粉のようなものは、ブルームと呼ばれる物質で、パラフィンなどの成分からできています。野菜の水分が飛ばないようにしてくれるもので、農薬などの化学物質ではありません。無理に取り除こうとして、洗い過ぎないようにしてください。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.