メディア

「松田聖子」のシングル曲人気ランキングTOP50! 第1位は「瞳はダイアモンド」に決定!【2021年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2020年4月、デビュー40周年を迎えた歌手の松田聖子さん。2021年10月20日には「続・40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2021』」が発売予定など、今も精力的に活動し、ファンを魅了し続けています。

 ねとらぼ調査隊では、6月30日から7月13日までの間「『松田聖子』のシングル曲で一番好きな作品は?」というテーマでアンケートを実施しました。

 投票総数1万1527票と多くの人に注目いただいた今回のランキング、さっそく結果を見ていきましょう!

advertisement

第10位:天使のウィンク

 第10位は「天使のウィンク」。得票数は393票でした。1985年発売のシングルで、ダイハツのコンパクトカー「新シャレード」のイメージソングにも起用されていました。バラード風の歌い出しから一転、リズミカルなポップスへと変化するのが特徴的な曲です。

天使のウインク   (CCCD)"

天使のウインク (CCCD)

松田聖子
12,000円(09/28 03:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第9位:天国のキッス

 第9位は「天国のキッス」。得票数は411票でした。1983年発売の13枚目のシングルで、松田聖子さん主演の映画「プルメリアの伝説 天国のキッス」の主題歌として用いられた曲でもあります。穏やかな南国の雰囲気を感じられるメロディと無邪気さを感じる歌詞は、ついリピートしたくなります。

天国のキッス    (CCCD)"

天国のキッス (CCCD)

松田聖子
12,000円(09/28 03:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第8位:白いパラソル

 第8位は「白いパラソル」。得票数は482票でした。1981年に発売された、スローテンポなメロディに松田聖子さんの大人びた歌声が印象的なシングル曲です。作詞は「赤いスイートピー」なども手がけた松本隆さん、作曲は「野ばらのエチュード」などを担当した財津和夫さんでした。

白いパラソル (CCCD)"

白いパラソル (CCCD)

松田聖子
12,000円(09/28 03:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第7位:風立ちぬ

 第7位は「風立ちぬ」。得票数は502票でした。1981年リリースのシングル曲で、堀辰雄さんの同名小説を題材にしたことでも知られています。切ない別れをつづった歌詞と寂しい曲調の一方、どこか明るさも感じられる曲になっています。松田聖子さんが出演した「ポッキー」のCMソングにも起用されました。

風立ちぬ (CCCD)"

風立ちぬ (CCCD)

松田聖子
6,837円(09/28 03:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第6位:青い珊瑚礁

 第6位は「青い珊瑚礁」。得票数は564票でした。1980年発売の松田聖子さん2枚目のシングル曲で、「(ああ)私の恋は」の歌い出しで知られる代表曲の1つでもあります。2021年4月にはセルフカバーも行われ、ミュージックビデオでは“聖子ちゃんカット”も披露しています。

青い珊瑚礁 (CCCD)"

青い珊瑚礁 (CCCD)

松田聖子
12,000円(09/28 03:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第5位:SWEET MEMORIES

 第5位は「SWEET MEMORIES」。得票数は579票でした。1983年発売のシングル「ガラスの林檎」のB面曲として収録されていた曲です。その人気の高さから、後にジャケットを変更した両A面バージョンが発売されたというエピソードも。しっとりとしたメロディが特徴の、松田聖子さんの高い歌唱力を改めて感じられる曲です。

SWEET MEMORIES"

SWEET MEMORIES

250円(09/28 03:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第4位:夏の扉

 第4位は、「夏の扉」。得票数は663票でした。1981年にリリースされたシングル曲で、CMソングに何度も起用されている人気の1曲です。曲名は知らなくても、サビの「フレッシュ! フレッシュ! フレッシュ!」というフレーズは知っている人も多いのでは? 王道のアイドルポップスと言える明るくリズミカルな曲調は、聞いていて元気が湧いてきますよね。

夏の扉 (CCCD)"

夏の扉 (CCCD)

松田聖子
12,000円(09/28 03:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第3位:赤いスイートピー

 第3位は「赤いスイートピー」。得票数は764票でした。1982年に発売された8枚目のシングル曲で、作曲は松任谷由実さん。春をイメージして作られたスローバラードは、女性を中心に多くのファンの心をつかみました。2020年発売のアルバム「SEIKO MATSUDA 2020」では、曲にアレンジを加えた英語詩バージョンが収録されています。

 コメントでは「松田聖子ちゃんの赤いスイートピーが大好きです。懐かしくて、投票しました」「89年大学卒業寸前に出会って、92年に結婚した妻がカラオケに行く度に『赤いスイートピー』を歌って、歌詞の内容があなた(僕)そのものだと、いつも笑顔でした」と、思い出を振り返る声も寄せられました。

赤いスイートピー [EPレコード 7inch]"

赤いスイートピー [EPレコード 7inch]

松田聖子
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:チェリーブラッサム

 第2位は「チェリーブラッサム」。得票数は986票でした。松田聖子さん4枚目のシングル曲で、作詞は三浦徳子さん、作曲は財津和夫さん。明るくさわやかな未来を感じさせる歌詞とギターの演奏が印象的な曲で、今も高い人気を誇ります。

 コメントでは「聖子ちゃんが神なので全部好きですが……難しいけれどあえて1位を選ぶとしたら……チェリーブラッサムです」「シングルならチェリーブラッサムが横並びに近い名曲から少し抜きんでて好き」など、悩みに悩んで選んだという声も。

チェリーブラッサム (CCCD)"

チェリーブラッサム (CCCD)

松田聖子
12,000円(09/28 03:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第1位:瞳はダイアモンド

 堂々の第1位となったのは「瞳はダイアモンド」。得票数は1205票でした。松田聖子さん15枚目のシングル曲で、作詞は松本隆さん、作曲は呉田軽穂(松任谷由実)さん。「愛してたって言わないで…」という歌い出しから始まり、こぼれるように切ない気持ちを歌い上げる本格的な失恋ソングです。失恋にくじけるのではない、しかし隠しきれない悲しみを表現した、そんな松田聖子さんの歌声が胸に響く名曲です。

 コメントでは「サビの所、瞳はダイアモンド~♪って聖子ちゃんののびのあるきれいな高音が印象深いです」「失恋した時には、100%これを聴いて復活する」などの声が聞かれました。

瞳はダイアモンド (CCCD)"

瞳はダイアモンド (CCCD)

松田聖子
7,500円(09/28 03:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントで多かったのは「瑠璃色の地球」への声!

 今回、投票項目にない曲へ投票したい場合は「その他」を選んだうえ、コメント欄から曲について教えてもらいました。その中で特に多かったのが「瑠璃色の地球」を支持する声の数々! 「シングルではないですが、『瑠璃色の地球』。普遍的なテーマを歌っていると思います」「瑠璃色の地球が、最近好きです。こんなご時世になってから、歌詞がグッとくる」「瑠璃色の地球を歌う聖子ちゃんは神々しいです」といったコメントが寄せられました。

 今回はシングル曲のアンケートだったため対象外でしたが、アルバムも名曲ぞろいですよね。たくさんの投票とコメント、ありがとうございました!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.