メディア

「森下佳子」脚本の好きな作品教えて! 【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 森下佳子さんは、これまでに多くのヒット作を世に送り出している脚本家です。朝ドラや大河ドラマの脚本も務める実力派で、森下さんの脚本作品は必ずチェックしているという人も多いのではないでしょうか。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「あなたの好きな森下佳子さんの脚本作品は?」というテーマでアンケートを実施します。それでは、多くの作品の中から4作品をピックアップして紹介していきいます。

advertisement

JIN-仁-

 「JIN-仁-」は、村上もとかさんの同名漫画が原作のドラマです。現代から幕末にタイムスリップしてしまった脳外科医と、江戸時代に生きる人々との交流が描かれました。主人公の南方仁を演じたのは、大沢たかおさんです。江戸時代にペニシリンの精製を行うなど、幕末に現代医療を駆使して人々を助ける南方先生を応援していた人も多いでしょう。

advertisement

ごちそうさん

 森下さんがNHKで初めて執筆した連続ドラマ「ごちそうさん」。ヒロイン・卯野め以子を演じたのは杏さんです。実家が西洋料理店のめ以子は、明るく活発でいつも食べ物のことを考えています。義理の姉からの「いけず」や戦争の苦しさにも負けない、たくましいヒロインが描かれました。

advertisement

おんな城主 直虎

 井伊直政を育てた女領主・井伊直虎が主人公の大河ドラマ「おんな城主 直虎」。主演を務めたのは柴咲コウさんです。幼い頃に約束したいいなずけへの一途な思いを原動力に、運命を切り開きながら戦国時代を生き抜いた女性の物語です。

advertisement

天国と地獄~サイコな2人~

 刑事と殺人事件の容疑者が入れ替わってしまうという異色のストーリーが展開された「天国と地獄~サイコな2人~」。正義感の強い女性刑事・望月彩子を綾瀬はるかさん、ベンチャー企業の社長で殺人事件の容疑者となる日高陽斗を高橋一生さんが演じました。入れ替わったとひと目でわかる、綾瀬さんと高橋さんの高い演技力が発揮されています。

advertisement

アンケート

 森下佳子さんが脚本を担当した4作品を紹介しました。今回紹介したほかにも、昭和天皇に仕える料理番となる男性の生涯を描いた「天皇の料理番」や、キャリアウーマンと義理の娘の日常生活を描いた「義母と娘のブルース」など、多くの人に愛されたドラマがたくさんあります。それでは、下のアンケートより、投票をよろしくお願いします!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング