メディア

「社会で活躍できる大学」ランキングTOP10! 関西の高校生が選んだ1位は「東京大学」【2021年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年7月、リクルート進学総研が、高校3年生の大学に対する志願度やイメージを調査した「進学ブランド力調査2021」の結果を発表しました。今回はその中から、関西の高校生が選んだ「卒業後に社会で活躍できる大学」のランキングを見ていきましょう。

(出典元:リクルート進学総研

advertisement

第3位:大阪大学

 第3位は「大阪大学」でした。1931年に創立され、2007年の大阪外国語大学との統合などを経て、国内有数の研究型総合大学として発展してきました。

 教育面では、基本理念として“世界水準の研究の遂行”“高度な教育の推進”“社会への貢献”などを掲げ、学生の指導に注力。大学1年では、視野を広げ、学習意欲を向上させる目的で行われる講義「学問への扉(マチカネゼミ)」が必修となっています。就職支援では、面接対策セミナーなどオーソドックスな支援に加え、進路決定者が後輩をサポートするキャリアサポーター制度など、多くの独特な取り組みも行っています。

advertisement

第2位:京都大学

 第2位は「京都大学」でした。1897年に創立された大学で、高度な専門能力だけでなく、豊かな教養や責任感も備えた人材の育成に尽力。現在は創立125周年を迎える2022年へ向けて、「京大力、新輝点。」というスローガンのもと大学の魅力をより強固にしていくことをめざしています。

 教育・研究はもちろん産官学連携にも力を入れており、2020年度には大学発のベンチャー企業数が222社となりました。就職支援では、学生総合支援センターのキャリアサポートルームが、合同企業説明会や悩み相談、博士号取得者に特化した支援などに取り組んでいます。

advertisement

第1位:東京大学

 そして第1位は「東京大学」でした。創立は1877年。リベラルアーツ教育を重視しており、すべての学生は入学後最初の2年間、教養学部に所属して一般教養を広く学習。大学3年以降は、その中で興味を持った専門分野の学習に取り組みます。

 就職支援では、各学部・研究科の就職担当の教員と事務職員が協力して学生をサポート。2005年にはそれを補完する組織としてキャリアサポート室を設置し、卒業生と交流する機会の提供やワークショップなどを通じた支援に取り組んでいます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.