メディア

【解説付き】日本のホラー映画人気投票開催! あなたが一番好きなホラー映画は? ~アンケート実施中~

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 今年も夏が近づいてきました。夏といえば海、プール、花火、祭り、そしてホラー映画の季節ですね! 暑い夏の日々にホラー映画を観て、ひんやりしてみませんか?

 ねとらぼ調査隊では、日本のホラー映画の人気投票を実施中です。あなたが好きな映画に投票してください!

 なお、シリーズ化されている映画作品については、すべてひとつの投票対象としてカウントします。もし、好きな映画が項目にない場合は、「その他」に投票し作品名をコメント欄にお願いします。

 それでは、アンケート対象となっている映画作品のご紹介です。

advertisement

リングシリーズ

 「リング」は、1998年1月に公開された日本のホラー映画で、配給収入は10億円を記録。鈴木光司さんの小説『リング』が原作となっています。

 日本のホラー映画ブームの火付け役といっても過言ではなく、登場人物の山村貞子や主題歌の「くる~きっとくる~」など、映画の本編を観たことがない人でも、その断片的な情報を知っている人は多いはず。

 1999年には続編「リング2」、2012年には「貞子3D」といったシリーズ映画も公開されました。

リング"

リング

松嶋菜々子, 真田広之, 中谷美紀, 竹内結子, 佐藤仁美, 沼田曜一
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

仄暗い水の底から

 「仄暗い水の底から」は、2002年に公開されたホラー映画です。鈴木光司さんのホラー短編集『仄暗い水の底から』の1編である「浮遊する水」が原作となっています。

 ネットでは賛否両論があるラストシーンですが、母と娘のヒューマンドラマに感動したとの声も。

仄暗い水の底から"

仄暗い水の底から

黒木瞳, 菅野莉央, 小口美澪, 水川あさみ, 小日向文世, 徳井優, 谷津勲, 小木茂光, 浅野麻衣子, 碇由貴子
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

呪怨シリーズ

 「呪怨」は、2000年にホラービデオ作品として登場し、のちの2003年1月に映画シリーズ第1作となる「呪怨」が公開され、話題となりました。同年8月には「呪怨2」、2014年6月には「呪怨 終わりの始まり」、2015年6月には「呪怨 -ザ・ファイナル-」と続いて公開されています。

 この世に強い怨念を残して死んだ佐伯伽椰子と、その息子の敏雄が、次々と呪いを人びとに伝搬していく作品です。濁点がついたような「アアアアア……」という声は当時「呪怨ボイス」と呼ばれ、真似をする人が絶えませんでした。

 リングシリーズの貞子と、伽椰子がコラボした「貞子VS伽椰子」も公開されました。

呪怨 (ビデオオリジナル版)"

呪怨 (ビデオオリジナル版)

三輪明日美, 三輪ひとみ, 栗山千明, 柳ユーレイ, 洞口依子
Amazonの情報を掲載しています
貞子vs伽椰子"

貞子vs伽椰子

山本美月, 玉城ティナ, 佐津川愛美, 甲本雅裕, 安藤政信, 菊地麻衣, 田中美里
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

着信アリシリーズ

 「着信アリ」は、2003年11月に公開されたホラー映画で、秋元康さんのホラー小説『着信アリ』を原作としています。

 携帯電話を題材としたホラー作品で、死の予告電話がかかってきた人物は、予告通りに死を遂げてしまう……そんなストーリーです。2005年には続編となる「着信アリ2」、2006年にはシリーズ最終作となる「着信アリFinal」が公開されました。着信アリって言葉、若い子に通じるのかな……?

着信アリ"

着信アリ

柴咲コウ, 堤真一, 吹石一恵, 石橋蓮司, 岸谷五朗, 松重豊
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

四谷怪談シリーズ

 「四谷怪談」は、元禄時代に起きたとされる事件を基に創作された日本の怪談です。映画としては1956年7月に公開された「四谷怪談」や、1959年に公開された「東海道四谷怪談」が有名です。

 当時はホラー映画という呼称はあまり使われておらず、怪談映画や怪奇映画と呼ばれるのが一般的だったそうです。

四谷怪談"

四谷怪談

Amazonの情報を掲載しています
advertisement

クロユリ団地

 「クロユリ団地」は、2013年5月に公開されたホラー映画です。「リング」「仄暗い水の底から」でメガホンをとった中田秀夫さんが監督を務めています。

 映画だけでなく、スピンオフとなるテレビドラマ「クロユリ団地〜序章〜」も同年に放送されていました。

クロユリ団地"

クロユリ団地

前田敦子, 成宮寛貴, 勝村政信, 西田尚美
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

黒い家

 「黒い家」は、貴志祐介さんのホラー小説『黒い家』が原作のホラー映画で、1999年11月に公開されました。2007年には韓国でリメイク版が制作されています。

 保険金殺人が題材としており、人間の恐ろしさを描いた所謂サイコサスペンスホラー的な作品です。

黒い家"

黒い家

内野聖陽, 大竹しのぶ, 西村雅彦, 田中美里, 石橋蓮司, 町田康, 小林薫, 桂憲一, 伊藤克信, 菅原大吉
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

犬神家の一族シリーズ

 「犬神家の一族」は、横溝正史さんの長編推理小説である『犬神家の一族』が原作の映画で、1976年10月に公開されました。石坂浩二さん主演の金田一耕助シリーズの第1作となります。2006年12月には同じ監督と主演によってリメイク版が公開されました。

 印象的なシーンである「水面から突き出た足」は、パロディのネタとしてよく使われています。

犬神家の一族(1976)"

犬神家の一族(1976)

石坂浩二, 高峰三枝子, 三条美紀, 草笛光子, あおい輝彦, 島田陽子, 三國連太郎
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

学校の怪談シリーズ

 「学校の怪談」は、1995年7月に公開された日本の映画です。1998年を除く1999年まで毎年7月にシリーズ続編の映画が公開されていため、夏のホラー映画として学校の怪談を挙げる人も多いのではないでしょうか。

 学校で発生する怪奇現象をテーマとしており、花子さんやテケテケ、動く人体模型といったコミカルなキャラクターが登場する、子供でも見やすいホラー映画です。

 ちなみにこの記事を書いた人は当時、小学校の夏休み前に「その鏡をのぞいてはいけない」と書かれた「学校の怪談3」の割引券が配られ、その場で割引券にプリントされた鏡を覗き込んでいました。

学校の怪談"

学校の怪談

野村宏伸, 杉山亜矢子, 佐藤正宏, 遠山真澄, 米澤史織
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

その他

 以上の作品が、今回ピックアップした作品になります。「選択肢にないけどこれが好き!」という人は、「その他」に投票してコメント欄に記入してください! よろしくお願いいたします!

アンケート

日本のホラー映画 あなたが一番好きなのは?
合計:307票
実施期間:2020/06/16 00:00 〜 2020/07/15 23:59
投票は締め切りました

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.