メディア

ドイツで飲まれているビールの銘柄ランキングTOP25! 1位は「ベックス」

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 酷暑到来。火照った体にビールがおいしい季節になりました。日本でも大手メーカーからクラフトビールまで、最近ではさまざまな銘柄のビールが店頭に並んでいます。

 そんなビールの本場といえば、多くの人がドイツを思い浮かべるでしょう。それでは、ドイツではいったいどのような銘柄が好まれているのでしょうか。今回は、オーストリアのマーケティング会社(marktmeinungmensch)が公表した、ドイツで飲まれているビールの銘柄ランキングを紹介します。なお、データは2015年のものとなります。

(出典:marktmeinungmensch

画像は写真ACより
advertisement

第3位:ヴァルシュタイナー(Warsteiner)

 第3位は、ノルトライン・ヴェストファーレン州に醸造所をもつ「ヴァルシュタイナー(Warsteiner)」です。ドイツでは比較的珍しい軟水を使った軽めのピルスナーで、日本人にも飲みやすい味。ドイツ最大級のビールメーカーの1つで、1753年の創業以来クラーマー家の同族経営であることも特徴です。

画像は「ヴァルシュタイナー」公式サイトより
ヴァルシュタイナー瓶330ml×24本"

ヴァルシュタイナー瓶330ml×24本

7,109円(09/27 08:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:クロンバッハー(Krombacher)

 第2位は、同じくノルトライン・ヴェストファーレン州から「クロンバッハー(Krombacher)」がランクイン。白いラベルのピルスナーが一般的ですが、ラインナップは多彩です。日本でも、ドイツ料理店や各地で開催されるオクトーバーフェストなどで口にすることができます。

画像は「クロンバッハー」公式サイトより
advertisement

第1位:ベックス(Beck’s)

 そして第1位は、ブレーメンのピルスビール「ベックス(Beck’s)」です。炭酸がやや強く、さっぱりした喉越しが特徴。さまざまな国に輸出されている、名実ともにドイツを代表する銘柄です。特徴的な緑色の瓶は、ドイツのたいていの街で目にできるでしょう。

画像は「ベックス」公式サイトより

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.