メディア

「メダロット」初のSwitchソフト“メダロット クラシックス プラス”発表にファン歓喜! 「弐COREも!」「ロボポンも便乗しよう」などの声

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 6月18日、ゲームシリーズ「メダロット」の公式Twitterアカウントが、過去8作品を収録した初のNintendo Switchソフト「メダロット クラシックス プラス」を発表し、ネットで話題となりました。

 メダロットは、1997年11月28日にイマジニアより発売されたゲームソフトです。最新のナンバリングタイトルとしては2015年に登場した「メダロット9」、2020年1月にはスマートフォン用ゲームアプリとして「メダロットS」が登場するなど、長年に渡って人気を集めているゲームシリーズとなります。

 「メダロット クラシックス プラス」は11月12日発売予定で、価格は4980円(税別)となっており、現在予約受付中です。

「メダロット クラシックス プラス」に収録される8作品

 往年の人気ゲームタイトルが収録された「メダロット クラシックス プラス」の発表に、ネットではどのような反応があったのかを見ていきましょう。

advertisement

「メダロット」の評価は?

 SNS分析ツールで「メダロット」を解析した結果、ポジティブな反応が91.2%、ネガティブな反応が8.8%と分類されました。

advertisement

「メダロット」の盛り上がりは?

 6月18日12時にメダロット公式Twitterアカウントから発表され、大きく話題となりトレンド入りを果たしました。

advertisement

「メダロット クラシックス プラス」収録タイトル

 「メダロット クラシックス プラス」は、メダロットシリーズのナンバリングタイトル第1作「メダロット」から「メダロット5」までの5作品と、スピンオフタイトルを3作品の計8タイトルを収録。収録されているゲームタイトルは下記の通りです。

  • メダロット
  • メダロット2
  • メダロット3
  • メダロット4
  • メダロット5
  • メダロットnavi
  • メダロットG
  • メダロット弐CORE

 また、これまでのシリーズ同様「メダロット クラシックス プラス」でも、カブトバージョンとクワガタバージョンが用意されており、それぞれ該当するバージョンの過去タイトルをプレイできる模様。

カブトバージョンとクワガタバージョン
advertisement

「待っていました!」多くのファンが歓喜

 「メダロット クラシックス プラス」の発表に対して、ネットでは「うれしい」「待っていた」といったポジティブな反応が集まりました。多くのファンが、過去シリーズの再収録タイトルを待ち望んでいたようです。

  実際に投稿されたツイートでは「ゲームボーイ版のメダロットも十分うれしかったけど、navi、G、弐COREまで! 弐COREは普通に買うと高いので、お買い得だね。naviが個人的に思い入れが大きくて大好きなので、すんごくうれしいなぁ!」「待っていました……やっと……!」といった声が見られました。

 今回の発表を喜ぶ一方で、収録タイトルや機能に物足りなさを感じるとの声も、一部で見られました。

 収録タイトルにおいては、パーツ補完タイトル「パーツコレクション(パーコレ)」シリーズや、1999年にプレイステーションで登場した「メダロットR」を望む声などがあがっています。メダロットRはロードが長かったので、解消したうえで復活したらうれしいですね!

advertisement

中古価格が高騰している「弐CORE」もトレンド入り

 Twitterでは「メダロット」だけでなく、収録タイトルの「弐CORE」もトレンド入りしていました。「メダロット弐CORE」は「メダロット2」のリメイク作品として2002年12月にゲームボーイアドバンス用ソフトとして登場し、現在では中古市場で価格が高騰しているゲームタイトルとして知られています。

 実際に投稿されたツイートでは「え? 弐COREも!?」と驚く声や、「弐COREも収録されるのは神。買うわ」と早くも購入を決定したユーザーの声などが見られました。

advertisement

ロボポンにも新たな動きはあるか?

 6月17日に「ロボコン」の新作が発表されたり、今回のメダロットの新たな発表があったりしたことで、1998年12月に発売されたゲーム「ロボットポンコッツ(ロボポン)」にも、新たな動きがあるのではないかと一部のユーザーから話題になっています。

 実際に投稿されたツイートでは「ロボットポンコッツもNintendo Switchで出ませんかね?」「便乗してロボポンも出しとこ」といった要望があげられていました。

 なお、ロボポンはメダロットと同じく『コミックボンボン』にてマンガが連載されていました。作者のタモリはタルさんもメダロットの発表について触れており、「ロボコンとメダロットの新たな動きのおかげで、ロボポンに言及してくれる方がこっそり増えているのが、ありがたいことです」と述べていました。コナミさん、是非ご検討をよろしくお願いします。

調査概要

調査期間2020年6月18日
調査対象Twitter
調査件数4126 件(10%サンプリング)
調査キーワードメダロット
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ゲーム」のアクセスランキング