メディア

【卓球】男子シングルス世界ランキングTOP10! 張本智和さんが4位!【2021年第30週】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 東京2020大会で初めて五輪に採用された混合ダブルスで歴史的な金メダルを獲得し、注目度が高まっている卓球。

 国際卓球連盟(ITTF)は「世界ランキング」を発表しており、男子シングルスの上位には東京五輪で金メダルと銀メダルを獲得した中国や銅メダルを獲得したドイツの選手が多くランクインしています。

 本記事では、男子シングルス世界ランキングについて紹介していきます。

画像は写真ACより
advertisement

第3位:馬龍

 第3位は中国の馬龍選手でした。世界選手権では男子シングルスで3連覇、ワールドカップでも2度優勝するなど、数々の記録を打ち立てている選手で、東京2020大会でも金メダルを獲得したレジェンドです。

画像は「NHK」より引用
advertisement

第2位:許昕

 第2位は中国の許昕選手。東京2020大会では混合ダブルスで銀メダルを獲得しており、ダブルスでは個人で世界ランキング5位、樊振東選手とのペアでは世界3位とダブルスでも強い選手です。

画像は「NHK」より引用
advertisement

第1位:樊振東

 そして第1位は樊振東選手となり、TOP3を中国が独占する形になりました。現在24歳で、若くして頭角を現しさまざまな世界大会で結果を残しており、堂々の1位にランクイン。東京2020大会では男子シングルス決勝で馬龍選手から2ゲーム奪うも敗れ、銀メダルとなっています。

画像は「NHK」より引用

 日本の若きエースである張本智和選手は中国が独占したTOP3に続く4位となっており、世界ランキングの最高位は3位。両親はそろって中国の有名な卓球選手で、宮城県仙台市で育ち、卓球に慣れ親しんだそうです。東日本大震災に被災しており、復興を掲げる東京2020大会への金メダルを目標としてきたので、団体での活躍を期待したいですね!

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.