メディア

トレンド入りした「Big Sur」とは? その正体とネットでの反応を解説

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 6月23日、Twitterでは「Big Sur」というワードがトレンド入りしていました。本記事では、その理由とネットでの反応について解説していきます。

advertisement

「Big Sur」とは?

 Twitterトレンド入りしているBig Surは、Appleが開催している開発者向け会議「WWDC 2020」で発表された新たなmacOSの名前のことを指しています。

 これまでのmacOSでは「Catalina」「Mojave」など、アメリカの地名にちなんだ名前が付けられていました。新しく発表されたBig Surもアメリカの地名で、カリフォルニア州のセントラルコーストにある地域を指しています。

画像は「Apple」公式サイトより引用

 ちなみに日本ではあまり聞き慣れない地名だったため、Googleストリートビューで散歩してみたのですが、海と山に囲まれた自然豊かな地という印象でした。風が心地よさそうです。

advertisement

「Big Sur」への反応は?

 「Big Sur」へのTwitterユーザーの反応を見てみると、78.3%がポジティブな反応と分類されました。Big SurのOSとしての機能を「良い」「うれしい」と評価する声や、アイコンやUIに対して「かわいい」といった感想などが見られました。

 一方で、21.7%がネガティブな反応と分類されています。その多くは、所有しているアップルのデバイスがBig Surに対応していないことから「悲しい」といった声。また、新たな機能は不具合が発生しそうで「怖い」という声も見られました。

advertisement

「Big Sur」と一緒に使われている言葉

 「Big Sur」と一緒にツイートされている言葉を見てみると、「iOS」「極限」「近づく」というワードが頻出していることが分かります。これは、これまでのmacOSと比較すると、Big SurはiPhoneに搭載されているiOSに“極限まで近づいた”というツイートから頻出しています。

 また、「やすい」「高い」というワードも頻出しています。対義語のようにも見えますが、実際に投稿されたツイートでは「使いやすい」「高いパフォーマンス」といった称賛の声が多く見られています。

advertisement

「Big Sur」の広まり方

 SNS分析ツールで「Big Sur」を見てみると、日本時間6月23日3時ごろに大きく話題となり、6時から9時にかけて再び盛り上がっていました。16時の時点では約3万2000件のツイートを確認しています。

調査概要

調査期間2020年6月23日
調査対象Twitter
調査件数3241 件(10%サンプリング)
調査キーワードBig Sur
調査方法対象期間のTweetを「Social Insight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.