メディア

【夏季オリンピック】歴代開催都市を総まとめ! 第1回のアテネに続く、第2回と第3回の都市、わかる?【2024年はパリ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1年の延期があったものの、2021年7月23日から開催されている「東京2020オリンピック」。東京でのオリンピック開催は、1964年以来57年ぶりとなります。

 今回で第32回となる近代オリンピックですが、みなさんはこれまでの開催都市をいくつ知っていますか? まずは、記念すべき第1回から第3回までの3都市を見てみましょう。

(出典:JOC

画像は写真ACより
advertisement

第1回:アテネ(1896年)

 第1回の開催地となったのは、古代オリンピック発祥国であるギリシャのアテネです。フランスの教育者だったピエール・ド・クーベルタン男爵の発案により、さまざまな人の協力もあって行われることとなりました。

 この大会では14カ国から選手が集いましたが、女性選手の参加は認められていませんでした。世界で初めて「マラソン」が行われたのもこの大会で、ギリシャの羊飼いだったスピリドン・ルイスが優勝。ルイスがトップで競技場に戻ってきた際には、興奮のあまりギリシャの皇太子とその弟がスタンドから飛び降り、ルイスとゴールまで一緒に走った、という逸話が残っています。

画像は写真ACより
advertisement

第2回:パリ(1900年)

 第2回オリンピックの開催都市は、フランスの首都・パリ。ギリシャはオリンピックの発祥国として自国内での開催を望みましたが、「国際的にスポーツを普及させたい」というクーベルタン男爵の思惑もあり、国際オリンピック委員会(IOC)によって毎回異なる都市で行うことが決定されました。

 第2回大会は万国博覧会の付属国際競技大会として開かれ、会期は5カ月もの長期にわたって開催されることに。この大会から女性選手の参加が認められ、テニス・女子シングルスに出場したイギリスのシャーロット・クーパーが、女性初の金メダルを獲得しました。

 なお、2024年のオリンピックはパリで開催される予定となっており、開催地となるのはこれで3回目です。

画像はpixabayより
advertisement

第3回:セントルイス(1904年)

 第3回の開催都市は、アメリカのミズーリ州にあるセントルイスです。こちらも第2回と同様に万国博覧会の付属大会として開催されたため、長期間にわたって行われました。

 海を渡った先にあるアメリカでの開催ということもあり、この大会ではヨーロッパ勢を筆頭に参加者が激減。そのため、金メダル78個を含む239個のメダルを、アメリカが獲得するという結果になりました。

画像はpixabayより

 全開催都市は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング