メディア

歴代「ミスマガジン」人気ランキングTOP14! 第1位は2006年のグランプリ「倉科カナ」さんに決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 7月19日から7月25日まで、ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな歴代『ミスマガジン』は誰?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、投票対象は、『週刊ヤングマガジン』『週刊少年マガジン』が共催で実施した「ミスマガジン」(2001年~2011年、2018年~2020年)のグランプリ受賞者14人です。

 今回のアンケートでは、総数258票の投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:小阪由佳(小阪有花)

 第10位は小阪由佳さんでした。得票数は6票、得票率は2.3%となっています。

 小阪由佳さんは、2004年のミスマガジンです。当時はグラビアアイドルとして活動しており、グランプリ受賞後はCMやバラエティ番組、ドラマ、映画などに出演しました。2015年に小阪有花に改名し、現在は保育関連の制作会社を経営しています。

advertisement

第9位:豊田ルナ

 第9位は豊田ルナさんでした。得票数は7票、得票率は2.7%となっています。

 豊田ルナさんは、令和改元後初開催となる2019年のミスマガジンです。同年の候補者の中では最年少16歳でしたが、5歳の頃から子役として芸能活動をしていたため、最年少でありながら芸歴は最長の候補者となりました。

advertisement

第8位:和希沙也(倉本清子)

 第8位は和希沙也さんでした。得票数は13票、得票率は5%となっています。

 和希沙也さんは、2002年のミスマガジンです。グランプリ受賞後はドラマやバラエティなどのテレビ番組や映画に出演。2011年には演出家の倉本朋幸さんと結婚し、2020年1月に芸名を倉本清子へと改名しました。

 なお、同年の「ミス週刊少年マガジン」は中川翔子さん、「ミスヤングマガジン」は安田美沙子さんがグランプリを獲得しています。

advertisement

第7位:岩佐真悠子

 第7位は岩佐真悠子さんでした。得票数は16票、得票率は6.2%となっています。

 岩佐真悠子さんは、2003年のミスマガジンです。2004年にはケータイ小説を原作としたテレビドラマ「Deep Love〜アユの物語〜」で主演を務め、グラビアとしては「第42回 ゴールデン・アロー賞グラフ賞」を受賞しました。2020年9月をもって芸能活動を引退しています。

advertisement

第6位:衛藤美彩

 第6位は衛藤美彩さんでした。得票数は19票、得票率は7.4%となっています。

 衛藤美彩さんは、2011年のミスマガジンです。2011年8月には乃木坂46の1期生として活動を始め、2019年まで在籍。2019年には埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手と結婚し、2020年には「静かな雨」で映画初出演にして初主演を務めました。

advertisement

第4位:北乃きい、新川優愛

 第4位は北乃きいさんと、新川優愛さんでした。得票数は30票、得票率は11.6%で同率順位となっています。

 北乃きいさんは、2005年のミスマガジンです。当時はティーン向けファッション雑誌『Hana*chu→』で専属モデルを務めていました。2007年1月には「幸福な食卓」で映画初出演、同年6月には「ライフ」で連続ドラマ初出演を果たしています。また、2007年には「桜舞う」、2010年には「サクラサク」をリリースするなど、歌手業にも挑戦していました。

 新川優愛さんは、2010年のミスマガジンです。2008年2月には「長男の結婚~花嫁はバツイチ!年上!子持ち!?~」でテレビドラマ初出演、2010年6月には「瞬 またたき」で映画初出演を果たしていました。2011年8月にはミスセブンティーンに選ばれ、『Seventeen』専属モデルとして活躍。2018年4月には「いつまでも白い羽根」でテレビドラマ初主演を務めました。

advertisement

第3位:桜庭ななみ

 第3位は桜庭ななみさんでした。得票数は32票、得票率は12.4%となっています。

 桜庭ななみさんは、2008年のミスマガジンです。2007年に芸能界入りし、テレビドラマや映画に出演。2009年にはアニメ映画「サマーウォーズ」で、声優に初挑戦しました。同年、音楽グループ「bump.y」のメンバーとなり、2014年4月まで在籍していました。

advertisement

第2位:沢口愛華

 第2位は沢口愛華さんでした。得票数は38票、得票率は14.7%となっています。

 沢口愛華さんは、2018年のミスマガジンです。2017年に名古屋のアイドルユニット「dela」の5期生として活動をはじめ、グランプリ受賞後は数々の雑誌で表紙を飾りました。2020年9月にはdelaを卒業。2021年6月からは所属プロダクションを変え、7月にはゲーム「eFootballウイニングイレブン2021 SEASON UPDATE」の日本一を決めるeスポーツ大会「第1回全国高校eサッカー選手権大会 supported by PUMA」の応援マネージャーに就任しました。

advertisement

第1位:倉科カナ

 第1位は倉科カナさんでした。得票数は54票、得票率は20.9%となっています。

 倉科カナさんは、2006年のミスマガジンです。グランプリ受賞後はグラビア活動を展開し、2009年にはNHK連続テレビ小説「ウェルかめ」にて、ヒロイン・浜本波美を演じました。数多くのテレビドラマや映画、CMなどに出演しており、現在はテレビドラマ「刑事7人 S7」「らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜」に出演中です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.