メディア

「教授・講師が魅力的な大学」ランキングTOP10! 関西の高校生が選んだ1位は「東京大学」【2021年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルート進学総研が、高校3年生の大学に対する志願度やイメージを調査した「進学ブランド力調査2021」の結果を発表しました。今回はその中から、関西の高校生が選んだ「教授・講師陣が魅力的である」大学のランキングを見ていきましょう。

(出典元:リクルート進学総研

advertisement

第3位:大阪大学

 第3位は「大阪大学」でした。1931年に創立され、2007年の大阪外国語大学との統合などを経て、国内有数の研究型総合大学として発展してきました。

 教育面では「世界水準の研究の遂行」「高度な教育の推進」「社会への貢献」といった教育理念を掲げ、学生を指導。教職員向けに、ゼミの運営や論文指導のノウハウを磨いたり、学生の力を引き出す指導法を学んだりするセミナーを開催するなど、指導者の教育にも注力しています。

advertisement

第2位:京都大学

 第2位は「京都大学」でした。1897年に創立された大学で、高度な専門能力に加えて、豊かな教養や責任感も備えた人材の育成に尽力しています。現在は創立125周年を迎える2022年へ向けて、「京大力、新輝点。」というスローガンのもと、大学の魅力をより強固にしていくことをめざしています。

 教授陣には、京都大学iPS細胞研究所CiRA(サイラ)の所長も務める山中伸弥教授をはじめ、学術関係の有名な賞を受賞した実績を持つ人が多く在籍しています。また留学生へ向けて、学習・研究・日常生活に関する助言・協力を行うチューター制度なども設けています。

画像は「京都大学」公式サイトより引用
advertisement

第1位:東京大学

 そして第1位は「東京大学」でした。リベラルアーツ教育に注力している大学で、すべての学生は入学後最初の2年間、教養学部に所属して一般教養を広く学習。大学3年以降は、その中で興味を持った専門分野の学習に取り組みます。

 同大学では、教員を専攻する学問分野の研究に専念させ、教授研究能力を向上させるために、ほかの国立大学法人へ教員を派遣する「国内研究員」という制度を実施。また2021年、海外の著名な研究者にオンラインで教育・研究に携わってもらう「グローバル・フェロー制度」をスタートするなど、指導体制の強化に努めています。

画像は「東京大学」公式サイトより引用

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.