メディア

【SLAM DUNK】パワーフォワード(PF)のキャラで一番好きなのは誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大人気バスケットボール漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)の主人公・桜木花道は、湘北高校バスケ部のパワーフォワード(PF)を務めています。PFはセンターフォワードとも呼ばれ、チーム内でも体格に優れた選手が務める重要なポジションです。

 そこで今回は、「スラムダンクのパワーフォワード(PF)で一番好きなキャラクターは誰?」というテーマで人気投票を実施します。パワフルなプレーが目を引くPFのプレイヤーのなかで、特にお気に入りのキャラクターに投票をお願いします。以下の記事では、代表的な3キャラを紹介しましょう。

advertisement

桜木花道

 赤髪がトレードマークの桜木花道は、同学年の赤木晴子に一目惚れしたことがきっかけで、嫌っていたはずのバスケの世界に足を踏み入れます。当初はバスケのルールすら知りませんでしたが、次第にその面白さに目覚め、才能を開花させていきました。

 高いパワーやスピード、そしてスタミナを活かし、身体能力で戦っていくプレースタイル 。過去にバスケ経験が一切ないため、基本的な技術に関しては未熟ですが、運動能力とガッツで乗り越えていくタイプのプレイヤーです。驚異的なジャンプ力といわゆる「フンフンディフェンス」で、リバウンドを取るのを得意としています。

advertisement

福田吉兆

 陵南高校のPFで、チーム屈指の点取り屋。バスケを中学2年生から始めたため経験は浅いものの、桜木と同じく驚異的なスピードで成長したプレイヤーです。入学当時から、同級生の名選手である仙道彰に対してライバル意識を抱いていました。

 彼のプレースタイルは、とにかく泥臭く得点を目指すがむしゃら型。荒削りながら高いオフェンス力を有し、何が何でもゴールにねじ込むという気迫の強いプレイヤーです。 ディフェンスやミドルレンジからのシュートなど苦手分野もありますが、花道との真っ向勝負を制したこともあります。

advertisement

岸本実理

 豊玉高校の3年生で、大阪屈指の実力者。オールバックの髪型が特徴的で、188cmと体格にも恵まれています。熱血漢で非常に喧嘩っ早い一面があり、試合中でも仲間に暴言を吐いては、周囲からたしなめられることもしばしば。花道に対しても故意のラフプレーをするなど、問題児的な行動が目につきます。

 しかしながらバスケの実力は一流で、恵まれた体格を活かし、高い得点力を誇っています。バスケの基本技術はもちろん、走力にも優れていますが、桜木の身体能力には翻弄されてしまいました。

advertisement

その他(コメント欄にお願いします)

 選択肢には、主なパワーフォワード5人の名前を挙げました。もし、それ以外のキャラクターに投票したいという場合は、その他を選択してコメント欄にキャラ名の記入をお願いします。それぞれのキャラやストーリーにまつわるコメントなどもありましたら、どしどしお寄せください!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.