メディア

「西島秀俊」出演ドラマで好きな作品はなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 俳優として活躍している西島秀俊さんは、洞察力に優れた穏やかなシェフから、暴力団に潜入中の警察官まで、さまざまな役を魅力的に演じ分けています。2021年10月からはドラマ「真犯人フラグ」で主演を務めることが発表されており、放送を楽しみにしている人もいるのではないでしょうか。

 そこで今回は、「『西島秀俊』出演ドラマで好きな作品は?」というアンケートを実施。西島さんの出演ドラマで、特に印象的だった作品を教えてください。それでは、数ある出演ドラマから3作品を抜粋して紹介します。

画像は「NHKアーカイブス」より引用
advertisement

おかえりモネ

 2021年8月時点で放送中の「おかえりモネ」は、104作目のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)。清原果耶さん演じるヒロイン・永浦百音が、気象予報士として成長していく姿を描いています。7月からは「東京編」がスタートし、民間の気象予報会社で奮闘する百音の物語が展開されており、毎日楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

 そんな「おかえりモネ」で西島さんが演じるのは、お天気キャスターとして人気を集める気象予報士・朝岡覚。百音が気象予報士を目指すきっかけとなった人物で、現在は百音の同僚として共に働いています。第14週では、気象予報をスポーツに生かす「スポーツ気象」に専念するため、お天気キャスターを降板。朝岡が今後どのような道を進むのか、楽しみですね。

advertisement

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

 「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」は、2017年にフジテレビ系で放送された刑事ドラマ。テロリストや新興宗教、軍事スパイといった国を揺るがす脅威に立ち向かう、公安機動捜査隊特捜班の活躍を描いた作品です。

 西島さんが演じる田丸三郎は、寡黙でストイックながら、小栗旬さん演じる稲見朗を気にかけるなど、温かい心の持ち主。ある事件をきっかけに公安部外事課から特捜班へとやってきました。作中では小栗さんと共に迫力のあるアクションシーンを演じており、そのかっこよさには惹きつけられます。

advertisement

きのう何食べた?

 「きのう何食べた?」は、よしながふみさんの同名漫画を原作としたドラマ。連続ドラマが2019年に放送されると好評を博し、2020年にはスペシャルドラマが制作され、2021年11月には映画版が公開予定となっています。

 共に暮らすゲイのカップルの何気ない日常や悩み、人間関係を、食事を通して温かく描いた物語。西島さんは、几帳面な弁護士・筧史朗を自然体で演じました。史朗が作る数々の料理は、いつ見てもおいしそうで食べたくなります。劇場版では、内野聖陽さん演じる矢吹賢二との京都旅行が描かれるとのことで、公開が待ち遠しいですよね。

advertisement

「西島秀俊」出演ドラマで一番好きな作品は?

 西島さんがこれまで出演してきたドラマから、3作品を紹介しました。このほかにも、「MOZU」や「八重の桜」「ストロベリーナイト」など、数々のドラマでその存在感を発揮しています。

 今回のアンケートでは、50本のドラマ作品を選択肢に用意しています。選択肢以外のドラマに投票したい場合は、「その他」を選択のうえコメント欄で作品名を教えてください。作品や役柄、心に残るシーンといったコメントとともに、投票お待ちしています!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.