メディア

【お金の知識・判断力】知っておきたい「金融リテラシー」が高い都道府県ランキングTOP47! 1位は香川県【2019年調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 今回は、お金に関する情報サイト「知るぽると」を運営する金融広報中央委員会がまとめた「金融リテラシー調査 2019年」から、金融リテラシーの高い都道府県ランキングを紹介します。

 同調査では、お金の知識や判断力に関する5つのクイズをモニターに解いてもらい、平均得点を都道府県別にまとめています。全国平均得点は52.6点、男女別では男性が54.3点、女性が50.8点でした。年代別で見ると、男女ともおおむね年齢が上がるにつれ、点数も上昇する傾向にあるようです。それでは、得点の高い都道府県はいったいどこだったのか、上位3県から見てみましょう。

(出典:金融広報中央委員会「金融リテラシー調査2019年」

画像は写真ACより
advertisement

第2位:島根県

 第2位は同率で2県がランクイン。そのうち1つが島根県です。平均得点は56.0点でした。

 島根県の県民性としては、男女ともに堅実でお金にあまり執着はしないといわれています。同調査で見えてきた特徴としては、島根県では「1カ月の支出を把握している人の割合」が80.9%、「期日に遅れずに支払いをする人の割合」が82.4%と高く、家計管理をしっかりと行っている傾向がありました。

advertisement

第2位:長野県

 もう一方の第2位は、長野県です。長野県も堅実な県民性で、特に女性の金銭感覚がしっかりしているといわれています。同調査では「損失回避傾向が強い人の割合」が全国平均よりも1.7ポイント高い79.0%と、慎重な姿勢が見える結果となりました。また、「金融トラブル発生時の相談窓口を認識している人の割合」も77.0%と、全国平均を4.8ポイントも上回りました。

advertisement

第1位:香川県

 そして第1位は、香川県でした。金融リテラシー・クイズの平均得点は57.8点。特に金利と運用の関係を問う設問では、正答率50%を切る都道府県が多い中、全国トップの53.8%をマーク。また「緊急時に備えた資金を確保している人の割合」が64.0%と、全国平均を10ポイント近く上回るなど、手堅い人が多いことも明らかになりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.