メディア

ソロでもファミリーでも! 「BUNDOKのキャンプギア」おすすめ6選&AmazonランキングTOP10!【2021年8月】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 BUNDOKは新潟県三条市に本社を置くカワセのアウトドアブランド。リーズナブルで洗練されたデザインが人気で、「BUNDOK ソロティピー 1 TC」などレビューでも高評価の商品が数多く存在します。

 本記事ではソロ向け「BUNDOKのキャンプギア」のおすすめ商品を紹介していきます。

advertisement

おすすめ1:BUNDOK LOTUS BD-499

 「BUNDOK LOTUS」はコンパクトで軽量、組立、持ち運び簡単なステンレス製の焚き火台です。焚き火はもちろんのこと、網付きで網焼き、鉄板やケトル、ダッヂオーブンなどもおけるほど安定感があり、安心して火を楽しむことができます。

advertisement

おすすめ2:BUNDOK 焚火リフレクター BD-523

 「BUNDOK 焚火リフレクター」は、焚き火の炎を風から守る陣幕型の風除けスクリーンです。綿100%でできており、火の粉に強く、燃え上がりにくくなっています。また、後方を塞ぐため前方が暖かくなりやすく、その他に目隠しとしても重宝します。収納サイズは約長さ430mm×幅75mm×高さ75mmと持ち運びもしやすい商品です。

advertisement

おすすめ3:BUNDOK ソロティピー 1 TC BDK-75TC

 「BUNDOK ソロティピー 1 TC」は、ワンポールで自立、設営できるポリコットン仕様のソロテントです。フライがポリエステルとコットンの混紡生地となっており、夏は涼しく、冬は暖かく、水・汚れや火の粉に強く、優れた通気性でテント内を快適に保ちます。収納サイズは約長さ440mm×幅240mm×高さ240mmです。

advertisement

おすすめ4:BUNDOK ポータブルチェア BD-112

 「BUNDOK ポータブルチェア」は、ゆったりとくつろげる座面の広さと、コンパクトで軽量な収納サイズを両立させた便利なアウトドアチェア。エポキシ樹脂塗装を施したスチール製フレームとポリ塩化ビニル加工のポリエステル生地はそれぞれ独立しているので、汚れても簡単にお手入れが可能です。収納サイズは約長さ390mm×高さ120mm×幅100mm、重量は約1.9kgです。

advertisement

おすすめ5:BUNDOK ホットサンドプレート BD-901

 「BUNDOK ホットサンドプレート」は、挟んで焼くだけでサクサクカリカリの食感が楽しめるホットサンドメーカー。冷凍餃子や冷凍チャーハンを加熱するのにも適しています。上下が分離できる仕様となっているため、フライパン代わりとしても使うこともできる商品です。また、直火対応とIH対応の2スタイルが展開されています。

advertisement

おすすめ6:BUNDOK アルミクッカー BD-908

 「BUNDOK アルミクッカー」は、熱伝導率の高いアルミ製で、コンパクトで軽量な飯ごう。小型の焚き火台や小型のガスバーナーなどでの調理が可能です。中には1合と2合の米と水を軽量できる目盛りが付いており、手軽に米を炊くことができます。

 ここまでソロ向け「BUNDOKのキャンプギア」のおすすめ6選を紹介してきました。次のページではAmazon.co.jp「BUNDOKのキャンプギア」ランキングTOP10を掲載しています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.