メディア

トレンドに急浮上した「時間帯別運賃」 その意味と理由を解説

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 7月7日、キーワード「時間帯別運賃」がTwitterでトレンド入りしました。本記事では「時間帯別運賃」の意味と、急浮上の理由について解説します。

advertisement

「時間帯別運賃」とは?

 「時間帯別運賃」とは言葉の通り、鉄道会社などが時間帯によって運賃を変更する制度のこと。たとえばラッシュ時間帯には運賃を高く設定することによって利用者数をおさえ、混雑のピークをずらすなどの効果が期待できます。

 現在の鉄道会社では距離のみに応じた運賃制度が採用されていますが、ここに時間帯という軸を加えることで、鉄道会社としてもさらに柔軟な運賃体系を運用できるというわけです。

advertisement

「時間帯別運賃」トレンド入りの理由は?

 「時間帯別運賃」がトレンド入りした理由は、「JR東日本が時間帯別運賃の導入を検討している」という報道がSNS上で拡散したため。報道があった7日16時頃から徐々にツイート数が増え始め、約3時間で2000件を超える投稿がありました。

 報道によれば、JR東日本が時間帯別運賃を検討している背景には、新型コロナウイルス感染拡大による鉄道営業収入の大幅減があるとのこと。ダイヤや運賃を見直すことで、経営基盤の立て直しをはかる考えのようです。

advertisement

「時間帯別運賃」に対するネット上の反応は?

 「時間帯別運賃」に対するネット上の反応を見てみると、「混雑が緩和されるのならうれしい」「地下鉄やバスにも広がってほしい」などのポジティブな意見が見られました。

 一方で、「ピークじゃない時間帯の値下げじゃなくて、ピーク時の値上げだけを考えているのでは」「実質的な値上げだ」「社員に交通費を払う側の企業が、運賃が安い時間の出勤を迫るなどの問題が起きそう」などのネガティブな声も散見されました。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.