メディア

女性社長が多い都道府県ランキング! 第1位は「沖縄県」【2021年度最新版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 帝国データバンクは、2021年7月9日に「全国『女性社長』分析調査(2021年)」の結果を発表しました。日本政府における男女格差是正に向けた取り組みの1つとして注目される女性社長の就任についてまとめたものです。

 その中から、今回は「女性社長が多い都道府県ランキング」を紹介します。女性社長比率の全国水準は8.1%。女性社長が多いのはどの都道府県だったのでしょうか。

(出典:帝国データバンク「全国『女性社長』分析調査(2021年)」

画像は「写真AC」より引用
advertisement

第3位:青森県(10.9%)

画像は「写真AC」より引用

 第3位には、青森県がランクイン。女性社長比率は10.9%と、前年調査と同じでした。東北地方の中で最も高く、全国水準を2.8ポイント上回りました。

 県としても女性活躍の推進に力を入れており、 青森県の職員については 「女性採用比率を40%以上にする」「副参事級以上に占める女性の割合を2026年4月1日までに8%以上にする」など、具体的な目標を掲げて取り組んでいます。

advertisement

第2位:徳島県(11.3%)

画像は「写真AC」より引用

 第2位にランクインしたのは徳島県でした。女性社長比率は、前年調査から0.3ポイント増の11.3%。ちなみに徳島県のある四国は、地域別にみて最も女性社長比率が高いエリアとなっています。

 県の公式サイトに「“はたらく”女性応援ネット」というページを設置して情報をまとめたり、子育てに優しい職場環境づくりに取り組んでいる企業を「はぐくみ支援企業」として認証する制度を設けたりと、県全体で女性の活躍を支援しています。

advertisement

第1位:沖縄県(11.4%)

画像は「写真AC」より引用

 第1位に輝いたのは沖縄県でした! 女性社長比率は11.4%と全国水準を3.3ポイント上回りました。九州・沖縄地方全体では平均9.4%と、全国平均と比べて地方全体でも女性社長の比率が高い傾向にあります。

 沖縄県で盛んな観光業や小売業は、性別を問わず小資本で起業しやすいといった点も影響しているようです。県でもキャリアアップを目指す女性をサポートする講座を開設するなど、女性が活躍できる環境の整備に取り組んでいます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.