メディア

「ガンダムシリーズ」のニュータイプで残念だと思ったキャラは誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 斬新なメカニックデザインや緻密なストーリーのほか、キャラクターの魅力もガンダムシリーズの見どころの1つ。特に物語の主軸を担う「ニュータイプ」と呼ばれるキャラクターたちは、常人離れした能力をもつ一方、それぞれが悩みや弱みも抱えています。

 今回は、そんなガンダムシリーズのニュータイプの中で「あなたが残念だと思ったキャラクター」をアンケート。スペックが卓越しているだけに、弱みや欠点も印象に残りやすいというキャラクターに投票してください。まずは代表的な4人のニュータイプを振り返ってみましょう。

advertisement

アムロ・レイ

 「機動戦士ガンダム」の主人公にして、シリーズを象徴するニュータイプともいえるアムロ・レイ。パイロットとして大きな実績を残すものの、ヒーロー的なイメージからかけ離れた発言や振る舞いも見られました。優れたパイロットセンスも災いしてか、天狗になってしまうこともしばしばで、上司にあたるブライト・ノアに反抗したり、ガンダムに乗って失踪したりといった騒ぎを起こしたことも。

advertisement

シャア・アズナブル(クワトロ・バジーナ)

 アムロの宿敵にあたるシャア・アズナブルは、パイロットや軍人、そして指導者としても有能な人物で、高いカリスマ性を持っています。「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを」をはじめ、数々の名言を残してきたキャラクターでもあります。

 一方で、女性に対してはしばしば、普段とは違う一面をさらすことも。ララァ・スンを“私の母になってくれるかもしれなかった女性”と評したり、ナナイ・ミゲルに甘えたりなど、その生い立ちの故か異性に家族としての愛情を求めるかのような言動も見られました。

advertisement

カミーユ・ビダン

 「機動戦士Zガンダム」の主人公であるカミーユ・ビダンは、宇宙世紀において最高の能力を持つといわれるニュータイプ。正義感が強く繊細で、激情家の一面も持っています。一方で、その繊細な性格と感情の起伏の激しさから、周囲と衝突してしまうことも。ミーティングに遅れた時の態度でウォン・リーに“修正”されたり、「そんな大人、修正してやる!」とクワトロに殴りかかったりしたこともありました。

advertisement

パプテマス・シロッコ

 「機動戦士Zガンダム」において、カミーユたちの敵として立ちはだかったパプテマス・シロッコ。ニュータイプとしての高い資質やカリスマ性を備えているほか、優れたモビルスーツを独自に開発するほどの知識も持っています。

 一方で、クワトロを「ニュータイプのなり損ない」と見下すなど、自信過剰で傲慢な一面も。作中ではその自信が裏目に出てしまうことも多く、テレビアニメ「機動戦士Zガンダム」の終盤ではそれ故の失策で追い込まれ、最後はカミーユに倒されました。

advertisement

あなたが一番残念だと思うニュータイプは誰?

 選択肢は、主だったニュータイプ28人です(強化人間は除外しています)。選択肢にないキャラクターに投票したい場合は「その他」を選択して、コメントでキャラクターの名前を教えてください。たくさんの投票とコメント、お待ちしています!

コメントの書き方

 以下の形式でこの記事のコメント欄に「【1】コメント」と「【2】キャラクター名」を書き込んで下さい。

(例)
【1】残念な面も含めて、人間臭くて好きです!
【2】アムロ・レイ

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.