メディア

【十二国記】一番好きな麒麟は誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 小野不由美さんの代表作のひとつ「十二国記」シリーズ。「十二国」と呼ばれる異世界を舞台に、各国の王と、王を選び補佐する霊獣「麒麟」を中心に、さまざまな人間ドラマを描くファンタジー作品です。

 今回は、そんな十二国記シリーズの中で「あなたが一番好きな麒麟は誰?」というアンケートを実施します。あなたのお気に入りの麒麟にぜひ投票してください。まずはこれまで物語に深くかかわってきた、3国の麒麟を紹介します。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

景麒

右上(画像は「Amazon.co.jp」より引用)

 景麒は慶東国の麒麟です。麒麟の特徴である金髪を長く伸ばした長身の美青年で、見た目は20代後半ほど。慈悲深く生真面目な性格です。口数が少なく、相手の考えを理解できないと重いため息をつく癖があり、冷淡だと思われがちですが、思いやり深い一面も持っています。慶東国の王となる陽子を探すため、日本まで赴きました。

advertisement

六太(延麒)

左上(画像は「Amazon.co.jp」より引用

 六太(延麒)は雁州国の麒麟で、12~13歳ほどの少年の姿をしています。王に対しても軽口をたたくなど怖いもの知らずな性格。相手の嘘などを見抜きつつもそれをあえて伏せるなど、聡いところがあります。

 十二国から日本(蓬莱)に流され、日本で育った「胎果」と呼ばれる存在で、日本では貧しい家の末っ子として生まれました。親に捨てられたところを、麒麟を守る「女怪」に保護され十二国に戻ってきましたが、再び日本へ行き、雁州国の王になる尚隆と出会います。

advertisement

蒿里(泰麒)

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)"

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)

小野 不由美
737円(12/02 10:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

 蒿里(泰麒)は、戴極国の麒麟です。麒麟の中では珍しく黒いたてがみの「黒麒」です。十二国から蓬莱へ流され、現代日本で「高里要」として生まれ育ちました。後に十二国へ戻りますが、10年もの間人間として過ごしたため、麒麟としての本能や十二国側の常識などを知らず、それが原因で苦悩することになります。

 天真爛漫な性格ですが、幼少期に祖母から厳しい躾を受けて育ったので、周囲に気を使う面があります。さまざまな経験を通して、一度決意したことは貫き通す強い意志を持つようになりました。

advertisement

あなたが一番好きな「十二国記」の麒麟は?

 以上、「十二国記」の3国の麒麟を紹介しました。どのキャラクターも個性豊かでとても魅力的です。選択肢には、これまで物語で名前の挙がった麒麟をピックアップしています。あなたが一番好きな麒麟をぜひ教えてください。それでは、アンケートフォームより投票よろしくお願いします!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング