メディア

「2010年以降の朝ドラ」人気ランキングTOP22! 「半分、青い。」を上回る1位は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日9月17日は、NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の主人公、永浦百音(ながうら ももね)の誕生日です。清原果耶さん演じる「モネ」こと百音が、気象予報士という仕事を通じて成長していくさまを描いた「おかえりモネ」。坂口健太郎さん演じる医師、菅波光太朗とモネとの恋模様も注目を集めています。

 そこで今回は、「『2010年以降の朝ドラ』人気ランキング」(2021年8月・ねとらぼ調べ)の結果を見てみましょう。投票対象は「ゲゲゲの女房」から「おかえりモネ」まで、2010年以降に放送されたNHKの朝ドラ。ちなみに「おかえりモネ」は第4位と好順位でした。

advertisement

第2位:半分、青い。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第2位は、1410票を集めた「半分、青い。」でした。朝ドラ98作目として、2018年に放送された本作。小学生の時に病気で左耳の聴力を失ったヒロイン・鈴愛を永野芽郁さんが演じています。少女漫画家として成功と挫折を味わったり、アイデア家電の開発に奮闘したりなど、失敗を恐れずに挑戦していく鈴愛の姿が印象的な作品です。

 コメント欄では、「『半分、青い』の朝ドラっぽくない所が、新しくて好きでした」「取っ散らかったヒロインだけど、一生懸命生きていて、どうなるのかと毎朝楽しみでした。人生って色々あるけど、ホントに大切な人は身近にいるんだよね」などのコメントが寄せられていました。

advertisement

第1位:スカーレット

画像は「NHKアーカイブス」より引用

 そして第1位は、1753票を集めた「スカーレット」でした。2019年から2020年まで放送された、101作目の朝ドラ。陶芸の世界へ果敢に挑戦していくヒロイン・川原喜美子を、戸田恵梨香さんが演じました。仕事でも私生活でもさまざまな困難にぶつかりますが、陶芸に対する情熱を胸に、何度も挑戦し人生を切り開いていくストーリーとなっています。

 コメント欄には、「スカーレットは素晴らしかった。時代、家庭環境や病にまで翻弄されながらも、自分を見失わず生きて行こうとする人たち。応援せざるを得ず、どんどんのめり込んで行きました」「朝ドラは、強い人が逆境に負けずに何かを成し遂げるというのが定番。でもスカーレットは日常の大切さ、何気ない一日が特別な時間だという今までの朝ドラにないテーマのドラマでした」と、作品に対する熱い声が多数届いていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.