メディア

【NHK】夕方の顔だと思う「東京アナウンス室の女性アナウンサー」ランキングTOP32! 第1位は「林田理沙」さんに決定!【2021年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 9月12日から9月19日までの間、ねとらぼ調査隊では「NHK女性アナウンサーで『夕方の顔』といえば?」というアンケートを実施していました。

 投票候補となったのは、NHKの「東京アナウンス室」に所属している女性アナウンサー。今回のアンケートでは、1420票もの投票をいただきました、ありがとうございます! たしかなアナウンス技術で、わかりやすく情報を伝えてくれるアナウンサーが多く活躍しているなかで、上位にランクインしたのはどのアナウンサーなのでしょうか? それでは結果を見ていきましょう!

advertisement

第10位:杉浦友紀

画像は「NHKアナウンス室」より引用

 第10位は、杉浦友紀さんでした。「英雄たちの選択」や「逆転人生」の司会を担当。東京2020パラリンピックでは開会式の中継を担当し、安定感のある実況が好評でした。福井県で事前合宿を行ったスロベニア選手団が入場したときには、「福井とスロベニアの共通点は蕎麦」「スロベニアの蕎麦の年間消費量は日本より多い」といった豆知識を披露。初任地が福井県だった、杉浦さんの福井愛を感じられる実況でしたよね。

advertisement

第9位:合原明子

画像は「NHKアナウンス室」より引用

 第9位は、合原明子さん。夕方の番組としては、2016年からおよそ3年間「首都圏ネットワーク」のキャスターを務めていた経験があります。「クローズアップ現代+」や「所さん!大変ですよ」などに出演していましたが、2021年より産休に入っており、復帰を心待ちにしている人もいるのではないでしょうか。

advertisement

第8位:上原光紀

画像は「NHKアナウンス室」より引用

 第8位は、上原光紀さんです。「NHKニュース7」のサブキャスターや、「首都圏ニュース845」のキャスターを担当しています。中学生の頃は弓道部と馬術部、大学時代はフィールドホッケー部に所属するなど、さまざまなスポーツに取り組んできたことから、「NHK NEWS おはよう日本」ではスポーツキャスターを務めていました。

advertisement

第7位:井上あさひ

画像は「NHKアナウンス室」より引用

 第7位は、井上あさひさんがランクイン。夕方の番組としては、京都放送局のローカルニュース番組「ニュース630 京いちにち」でかつてリポーターを務めていました。現在は「日曜討論」のキャスターのほか、BSプレミアムなどで放送中の「ヒューマニエンス」で織田裕二さんとともにMCを担当しています。

advertisement

第6位:赤木野々花

画像は「NHKアナウンス室」より引用

 第6位となったのは、赤木野々花さんでした。現在は「日本人のおなまえ」や「うたコン」などに出演しており、古舘伊知郎さんや谷原章介さんといった共演者と共に、番組の進行をつとめています。特技は幼い頃から演奏しているハープで、かつてコンクールに出場したことも。バラエティ番組では、その見事な演奏を披露したこともありました。

advertisement

第5位:守本奈実

画像は「NHKアナウンス室」より引用

 第5位は、守本奈実さんです。投票数は81票、投票率は5.7%でした。

 毎週月曜~木曜に放送中の「ニュース シブ5時」で3年間MCを務めていた守本さんですが、9月9日に番組を卒業。番組公式Twitterでは、「こんな世の中だからこそ、少しでも皆さんの生活に役立つ情報や、心が緩まる瞬間をお届けできたらとやって参りました」といった感謝のコメントを残していました。また、大河ドラマ「青天を衝け」のナレーションも担当しています。

advertisement

第4位:中山果奈

画像は「NHKアナウンス室」より引用

 第4位は、中山果奈さんでした。投票数は85票、投票率は6%です。

 日曜午後6時5分より放送中の「ニュース 地球まるわかり」でリポーターを担当するほか、「ダーウィンが来た!」のナレーションや「正午のニュース」にも出演しています。2021年7月には、大雨による被害を受けた地域住人への電話取材で、相手の身の安全を第一に考え、避難を優先し取材を切り上げた対応により、称賛の声が集まっていたことも記憶に新しいのではないでしょうか。

advertisement

第3位:和久田麻由子

画像は「NHKアナウンス室」より引用

 第3位となったのは、和久田麻由子さん。投票数は87票、投票率は6.1%でした。

 現在は「ニュースウオッチ9」のキャスターや、「みんなのうた」のナレーションを務めています。東京2020オリンピックでは開会式、東京2020パラリンピックでは閉会式の中継を担当し、安定感のあるアナウンス力や聞き取りやすい落ち着いた声で好評を博していました。

advertisement

第2位:池田伸子

画像は「NHKアナウンス室」より引用

 第2位は、池田伸子さん。投票数は126票、投票率は8.9%でした。

 現在は「NHKニュース7」の土日・祝日サブキャスターや、「ファミリーヒストリー」の司会を担当。あたたかみのある落ち着いた声に魅力があり、「ズームバック×オチアイ」やラジオ番組の「音の風景」など、数々の番組でナレーションとしても活躍しています。

 そんな池田さんですが、もともとは自分をよく見せようと無理してしまうことから、話すことに苦手意識があったそうで、就活の際NHKの面接を受けたことから「経験は変えられないけれど、どう伝えるかは変えられる!」と感じたのだそうです。現在の活躍は、計り知れない努力があってこそなのでしょうね。

advertisement

第1位:林田理沙

画像は「NHKアナウンス室」より引用

 そして第1位は、林田理沙さんでした。投票数は390票、投票率は27.5%です。

 毎週月曜~金曜に放送されている18時台のニュース番組「首都圏ネットワーク」のキャスターを担当している林田さん。そのほか、NHKのオススメ番組を紹介する「オシばん」や、山田孝之さんと共演している「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」などにも出演中です。

 「首都圏ネットワーク」では、「少しでも『ホッとする』と感じていただける、そんな情報をお届けできるよう頑張ります!」と意気込みを語っています。東京芸術大学の出身ということもあり趣味としてピアノをあげており、番組内では取材の一環でその腕前を披露したこともありました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.