メディア

「エビ好きな街」ランキングTOP30! 第1位は堺市【2018~2020年調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本人が大好きな食材のひとつ、エビ! 大人からも子供からも愛される「エビ」ですが、全国でもっともエビ好きな都市はどこなのでしょうか? 今回は、総務省が実施している家計調査を元に、その謎を解明します。なお、根拠となるデータは2018年(平成30年)から2020年(令和2年)までの数値を平均したものです。

 それでは早速、全国で最もエビを消費している「エビ好き」の街、TOP3の発表です!

(出典:総務省統計局

advertisement

第3位:奈良市(4007円)

 第3位にはなんと海のない奈良県がランクイン。年間消費平均額は4007円でした。

 西日本では古くから漁業が盛んな地域にエビ好きが集中していますが、なぜ奈良県が上位なのでしょうか? その理由は、奈良県が大阪と伊勢、京都を結ぶ街道上の拠点だったから。現在でも大阪湾と伊勢湾、両方の海の幸が行きかう、「食の交差点」です。ちなみに、奈良は隠れたラーメン激戦区でもあり、その人気メニューの1つに「エビラーメン」なるものも存在します。

advertisement

第2位:北九州市(4085円)

 第2位は北九州市でした。エビの年間消費平均額は4085円。おもしろいのは同じ福岡県でも福岡市は29位と、それほど上位ではないという点です。

 福岡市と北九州市は微妙に文化圏が異なり、福岡市はむしろ佐賀市に近い地域。佐賀市は5位にランクインしているので、九州北部は基本的にエビ好きと言えるでしょう。なかでも北九州では「甘め」の味付けが好まれるため、エビを使った料理との相性がいいのかもしれません。

advertisement

第1位:堺市(4166円)

 第1位は大阪南部の中心地、堺市でした。堺市は海の幸や川魚など、昔から近畿一円の魚介類が集まる街。堺を含む泉南地方から和歌山市までの紀伊半島沿岸は、全国有数のエビ大好き地方だと言えそうです。

 また、過去10年を見るとエビ消費額トップは和歌山市(今回の調査では11位)。紀伊半島南部は伊勢エビの産地で、和歌山県北部から堺市にかけての沿岸ではクマエビが獲れます。大阪湾では小エビもよく獲れ、日常の食卓にエビが並ぶことも多いようです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.