メディア

「就職に有利な大学」ランキングTOP10! 関東の高校生が選んだ1位は「東京大学」【2021年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルート進学総研が、高校3年生の大学に対する志願度やイメージを調査した「進学ブランド力調査2021」の結果を発表しました。今回はその中から、関東の高校生が選んだ「就職に有利である」大学のランキングを見ていきましょう。

(出典元:リクルート進学総研

advertisement

第3位:慶應義塾大学

画像は「慶應義塾大学」公式サイトより引用
画像は「慶應義塾大学」公式サイトより引用

 第3位は慶応義塾大学でした。福澤諭吉が開いた蘭学塾を前身とする大学で、「智徳」と「気品」を兼ね備えた社会のリーダーにふさわしい人材の育成に努めています。教員と学生どちらも、半分は教えて半分は学び続ける存在という「半学半教」の精神を重視しているのも特徴です。

 みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行の3メガバンクや、楽天、NTTなど大手企業、国家公務員などに多くの学生が就職しています。

advertisement

第2位:早稲田大学

画像は「早稲田大学」公式サイトより引用

 第2位は「早稲田大学」でした。自由と多様性を重んじる校風で、勉強はもちろん、スポーツや課外活動などにも挑戦できる機会を提供している大学です。建学の理念として「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」の3つを掲げています。

 早稲田大学は3メガバンクや、東京都職員や特別区(東京23区)職員、国家公務員などにも多くの人が就職しており、就職に有利だと感じている人も多いようです。

advertisement

第1位:東京大学

画像は「東京大学」公式サイトより引用
画像は「東京大学」公式サイトより引用

  そして第1位は「東京大学」でした。1877年に創立された大学で、幅広い知識とリーダーに不可欠な人格を育成すべきという考えのもと、リベラルアーツ教育に注力しています。

 主な就職先としては、中央省庁を始め、楽天や外資系企業、大手商社やメガバンクも多く、日本の中でも屈指の難関校であり、世界に誇る大学である東京大学を就職に有利な大学として思っている人が多い結果となりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.