メディア

「さだまさし」のシングル曲で一番好きな曲はなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 さだまさしさんは、1973年に吉田正美さん(現・吉田政美さん)と共にフォークデュオ・グレープとしてデビュー。「精霊流し」「無縁坂」といったヒット曲を生み出しながらも1976年に解散し、同年からソロ活動を始めました。1977年リリースの「雨やどり」でソロとして初めてオリコンシングルチャートで1位を獲得し、以降も「関白宣言」や「風に立つライオン」など数々の名曲を世に送り出しています。2021年10月27日には、自身初となるフォークソングカバーアルバム「アオハル49.69」のリリースを予定しており、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、「『さだまさし』のシングル曲で一番好きな曲は?」というアンケートを実施。さださんがこれまでリリースしてきたシングル曲の中で、イチオシの一曲を教えてください! それでは、オリコンによるシングル売上ランキングTOP3に入っている3曲を紹介します。なおこのランキングは、原則1988年以降にリリースされたシングルが対象となっています。

advertisement

ヴァージン・ロード

 1994年にリリースされた「ヴァージン・ロード」は、TBS系で放送されていたテレビ番組「ウェディングベル」のエンディングテーマとして使用されました。オリコンのシングルランキングでは、3位に入っています。

 タイトルの通り結婚式にピッタリの楽曲で、「もう道の途中で 迷っちゃいけないよ まっすぐまっすぐ 信じた人の 瞳めざし 胸を張って」など、ヴァージン・ロードを歩む子の姿を見送る親兄弟の目線から描いたような歌詩は、胸に迫るものがありますよね。ちなみに、カップリング曲は「関白宣言」のアンサーソングとして作られた「関白失脚」が収録されていました。

advertisement

しあわせについて

 「しあわせについて」は、1982年にリリースされた曲。映画「ひめゆりの塔」の主題歌として、さださんが書き下ろした曲で、オリコンランキングでは2位となっています。後にはダスキンのイメージソングとしても使用されたため、覚えている人も多いのでは? さださんの透明感あふれる声と、「みんな みんな しあわせになれたら いいのに」といったやさしく反戦を訴える詩は、いつ聞いても心に響きます。

advertisement

親父の一番長い日

 「親父の一番長い日」は、1979年にリリースされた楽曲。オリコンのシングルランキングでは、1位に輝いています。

 「雨やどり」「秋桜」など、さださんの実妹や実家をモデルにした楽曲のうちのひとつで、一人の女性が生まれてから結婚するまでの過程とその父の姿を息子の目線から描いた、まるでドラマのような歌となっています。なお、この曲は約12分30秒と演奏時間が長いため、当時としては珍しかった12インチシングルとしてリリースされました。

advertisement

あなたが一番好きな「さだまさし」さんのシングル曲は?

画像は「さだまさし Official Site」より引用
さだまさし 40周年記念コンサート さだまつり"

さだまさし 40周年記念コンサート さだまつり

さだまさし
10,802円(10/18 19:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

 オリコンのシングル売上ランキングで、TOP3にランクインしている3曲を紹介しました。このほかにも、「主人公」や「奇跡〜大きな愛のように〜」など、さまざまな名曲をリリースしていますよね。

 今回のアンケートでは、「さだまさし Official Site」のディスコグラフィに掲載のシングルから、「グレープ」や「レーズン」として発表したものを含めたシングル表題曲を選択肢に用意しています。選択肢にない曲に投票したい場合は、「その他」を選択のうえコメント欄で曲名を教えてください。楽曲の好きなところなどのコメントと共に、投票お待ちしています!

「さだまさし」のシングル曲で好きな曲はなに?
合計:4107票
実施期間:2021/10/10〜2021/10/16
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.