メディア

“第3のビール”で圧倒的に強い「金麦(サントリー)」検索ユーザーを深堀りしてみた

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 気温も高まり、アルコール飲料がより美味しく感じられる季節になってきました。新型コロナの影響もあり、巣ごもり消費でビール業界にも変化があったのではないでしょうか?

 そこで、今回は第3のビール(新ジャンル)に絞って、公式サイトのユーザー動向や属性などについて掘り下げてみたいと思います。

advertisement

「金麦(サントリー)」が4倍以上の差をつけてサイト訪問者数トップに

 まずは、直近1年間の公式サイト訪問者数を見てみたところ、トップは「金麦(サントリー)」で他商品に4倍以上の差をつけてトップとなりました。続いて「クリアアサヒ 贅沢ゼロ/アサヒオフ(アサヒ)」「ザ・リッチ(アサヒ)」「本麒麟(キリン)」という結果でした。

 TOP5の内、アサヒの商品が3つランクインしていることから、アサヒの人気の高さがうかがえました。

 また、「ザ・リッチ(アサヒ)」は2020年3月17日に発売と後発ながら、「本麒麟(キリン)」を抜き4位にランクインしていることから、こちらもユーザーの興味関心が高いことがわかりました。

公式サイト訪問者数
デバイス:PC+スマートフォン
集計期間:2019年7月~2020年6月
advertisement

キャンペーンをフックに巧みに集客

 次に、トップの「金麦(サントリー)」のサイト訪問者数がなぜ多いのかを探ってみましょう。過去2年間のサイト訪問者数推移を見てみると、2019年、2020年と3月からアクセス数が伸び始め、7月頃にピークを迎えていることがわかります。

 季節要因も大きく関係していると思いますが、それ以外にどんな手段で集客しているのでしょうか?

公式サイト「金麦(サントリー)」のユーザー数推移
デバイス:PC+スマートフォン
集計期間:2018年7月2020年6月

 まず最初に、アクセス数が伸び始めた2019年3月の「金麦(サントリー)」のコンテンツランキングを見てみましょう。『絶対もらえる。あいあい皿2019』のキャンペーンページが多くを占めていますが、ユーザー数もまだそこまで多くない上に”金麦”のトップページが1位となっています。

 流入元も“自然検索”が多いことから、恐らく、CMでキャンペーンの告知をしたことでサイトにユーザーが訪れていることが考えられます。

「金麦(サントリー)」の2019年3月のコンテンツランキング
デバイス:PC
集計期間:2019年3月

 『絶対もらえる。あいあい皿2019』の応募期間が2019年4月15日~ということもあり、2019年4月の「金麦(サントリー)」のコンテンツランキングは、キャンペーンページが上位を占めていることがわかります。

「金麦(サントリー)」の2019年4月のコンテンツランキング
デバイス:PC
集計期間:2019年4月

 また、訪問者数が急増している「金麦(サントリー)」の2019年7月のコンテンツランキングを見てもわかるように、『金麦 特等席 ご招待』や『絶対もらえる!金麦の夏皿』にアクセスが集中しておりキャンペーンの人気の高さがうかがえました。

「金麦(サントリー)」の2019年7月のコンテンツランキング
デバイス:PC
集計期間:2019年7月

 さらに、訪問者数が多い2020年4月のコンテンツランキングを見てみましたが、『絶対もらえる!あいあい皿2020』がトップとなっていました。やはり、ユーザーのキャンペーンへの興味関心度合いが高いと言っていいでしょう。

 「金麦(サントリー)」はキャンペーンをフックにユーザーをサイトへ誘導していることがわかりました。

「金麦(サントリー)」の2020年4月のコンテンツランキング
デバイス:PC
集計期間:2020年4月
「絶対もらえる!あいあい皿2020」キャンペーンページ
※現在、キャンペーン期間は終了

 一方で、訪問者数が落ち込んだ2019年6月に対して、2020年6月は直近2年間の中で最も訪問者数が多い結果となりました。『絶対もらえる!あいあいカレー皿』の他に『おうちで金麦花火大会』のキャンペーンが訪問者数を伸ばした要因となっていました。

「金麦(サントリー)」の2020年6月のコンテンツランキング
デバイス:PC
集計期間:2020年6月

 『おうちで金麦花火大会』キャンペーンは、新型コロナの影響で“中止になってしまった全国の花火大会を、今年の夏はご自宅で、金麦を片手にお楽しみください。”というコンテンツのようです。

「おうちで金麦花火大会」キャンペーンページ

 「金麦(サントリー)」は年間を通してみると、4月と7月にプロモーションを打っているようですが、2020年は新型コロナの影響で6月にも施策を実施したことで6月にもピークを作っていることがわかりました。

 ただ、7月は年間を通じて最もアクセス数が伸びるようなので、2020年はどこまで訪問者数が伸びるか楽しみです。

advertisement

「金麦(サントリー)」は女性、「本麒麟(キリン)」は若年層が支持

 続いて、サイト訪問者の属性をみてみましょう。性別では、全体的に男性が多い結果となりました。その中でも、「ザ・リッチ(アサヒ)」は男性比率が7割と高くなっていました。

 また、男性比率が高い中でも「金麦(サントリー)」は女性比率が約53%と男性を若干上回っており、他の商品の属性(性別)との違いが見うけられました

ユーザー属性:性別
デバイス:PC+スマートフォン
集計期間:2019年7月~2020年6月

 次に年代別で見てみると、40代以上の年齢層が多いことがわかりました。特に50代・60代以上で半数を占めている結果となっていました。

 ただ、その中でも「本麒麟(キリン)」は20代・30代が約4割と、若年層にも支持されているようです。

ユーザー属性:年代別
デバイス:PC+スマートフォン
集計期間:2019年7月~2020年6月
advertisement

「金麦(サントリー)」はキャンペーンに関連するワードが人気

 最後に、『金麦』を含む検索をしているユーザーが併せて検索しているワードを見てみたところ、『キャンペーン』や『あいあい皿』などのワードが上位となっていました。

 検索ワードから考察しても、金麦サイトに訪れるユーザーはキャンペーンに非常に興味をもっていることがわかりました。

『金麦』を含む検索ワード
デバイス:PC
集計期間:2018年7月~2020年6月

 『金麦』を含む検索ユーザーの推移は下図のようになっています。キャンペーンのタイミングでユーザー数が伸びていました。

『金麦』を含む検索ユーザー数推移
デバイス:PC
集計期間:2018年7月~2020年6月
advertisement

まとめ

 今回は第3のビール(新ジャンル)の公式サイトについて調査しました。サイト訪問者数を見ても、「金麦(サントリー)」が強く一人勝ちの様相を呈しています。

 その背景にはキャンペーンとCMの両輪でユーザーを巧みにサイトに誘導していたり、需要が高まる時期に施策を実施するなどして、ユーザーの購買意欲を上手に高めていることがわかりました。

 今後、各社がどのような施策でユーザーを獲得していくか注目したいところです。

advertisement

分析概要

 ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、2018年7月~2020年月6のネット行動ログデータを分析しました。

※2019年7月~2020年6月の累計のサイト訪問者数上位5商品(下図)を分析。

 本調査は国内Webサイト・アプリの利用実態が簡単に分析できるSaaS型ツール「eMark+(イーマークプラス)」を用いて行いました。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

© VALUES, Inc. All rights Reserved.