メディア

アジアの人気観光スポットTOP10 1位は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」【2021年秋】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 旅行プラットフォームを展開するトリップアドバイザーが「2021年秋の旅行動向」に関する調査結果を発表しました。今回はその中から「アジアの人気アトラクション」のランキングを紹介します。一番人気の観光スポットに輝いたのはどこなのか。さっそく結果を見ていきましょう!

 なお、ランキングはトリップアドバイザーにおけるシンガポール、オーストラリア、日本の人気観光スポットの「旅リストへ保存された回数」などから作成されています。

(出典元:トリップアドバイザー「2021年秋の旅行動向」

advertisement

第3位:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(シンガポール)

 第3位は「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」でした。シンガポールの中心部に作られた国立公園で、2012年にオープンしました。世界最大級のガラス温室「フラワー・ドーム」や、バビロンの空中庭園に着想を得た温室「フローラル・ファンタジー」、絶景が楽しめる「スーパーツリー」など、見所満載です。

advertisement

第2位:東京ディズニーランド(日本)

 第2位には「東京ディズニーランド」がランクイン。日本有数のテーマパークで、2020年9月にはディズニー映画「美女と野獣」をテーマにした新しいアトラクションも追加され、話題を集めました。アトラクションだけでなくパレードや個性的なフードなど、子どもから大人まで楽しめる人気スポットです。

advertisement

第1位:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(日本)

 第1位に輝いたのは、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」でした。

 USJといえば、関西随一のレジャースポットとして知られるテーマパーク。映画作品をテーマにしたアトラクションを楽しめるほか、ミニオンやスヌーピーなどの人気キャラクターとも出会えます。2021年3月には任天堂の「スーパーマリオ」シリーズをモチーフとした新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」もオープンし、ますます注目を集めています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.