メディア

ポケモンバーチャルフェスト開催決定! 「夏休み大作戦を思い出す」「ピカチュウ大量発生チュウがなくても楽しめる」などファンから歓喜の声が集まる

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 バーチャルSNS「cluster(クラスター)」内で、ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」が、8月12日から8月31日にかけて開催されると発表され、ネットで話題となりました。

 ポケモンバーチャルフェストは、「みんなでつくる、夏の思い出」をテーマにした仮想世界にある未完成の遊園地。ミッションに挑むことで、成果に応じたアトラクションやコンテンツが増え、テーマパークが完成していきます。

 そんなポケモンバーチャルフェストの発表は、Twitterでトレンド入りするほどの話題に。実際にどのような反応があったのかを見ていきましょう。

advertisement

「ポケモンバーチャルフェスト」の盛り上がりは?

 プレスリリースが公開された8月3日11時ごろに話題となりはじめ、同日12時にピークを迎えました。

advertisement

開催を楽しみにするファンからの声

 SNS分析ツールで「ポケモンバーチャルフェスト」を解析した結果、ほぼすべてのツイートがポジティブと分類されました。ポケモンのバーチャル遊園地が発表されたことで、多くのユーザーが「面白そう」「楽しみ」といった反応を示しています。

 特に多かったのが、毎年横浜みなとみらいで開催される「ピカチュウ大量発生チュウ」の代替イベントとして楽しめそうとの声。

 ピカチュウ大量発生中は、横浜みなとみらいの各地にピカチュウが登場するイベントで、2014年夏から毎年開催されていました。2020年は新型コロナウイルスの影響もあってか、開催のアナウンスがされていません。

 そんな背景もあってか、Twitterでは「今年は横浜で大量発生しないから、バーチャルでピカチュウを見るか」「これなら大量発生チュウが開催されない夏でもイベントを楽しめる!」といった投稿が見られました。

advertisement

夏のスペシャル企画「夏休み大作戦!」を思い出すとの声

 ポケモンバーチャルフェストの開催が発表されたことで、かつてポケモンの公式ファンクラブ「ポケモンだいすきクラブ」で実施していた、夏のスペシャル企画「夏休み大作戦!」を思い出したとの声も多く見られました。

 「夏休み大作戦!」は、ミニゲームやクイズなどにチャレンジすることで、プレゼントに応募することができる企画でしたが、ここ数年では実施されていないようです。

 かつて「夏休み大作戦!」で遊んでいたユーザーからは「毎年ポケモンだいすきクラブで遊ぶのが好きだったのですが、いつの間にかなくなっていて悲しかったです。今年は楽しい夏になりそう、ヤッター!」といった喜びの声が寄せられていました。

https://twitter.com/mono_moya/status/1290114779789406209
advertisement

開催されるバーチャルSNSの名称も話題に

 ポケモンバーチャルフェストが開催されるバーチャルSNS「cluster」は、プレスリリースの公開後にTwitterトレンド入りしています。

 VR(バーチャルリアリティ)上でルームを作成し、動画視聴やイベント参加、ライブ体験を共有して楽しめるソーシャルアプリとして2017年に正式リリースされたclusterですが、その名称から新型コロナウイルスのクラスター感染を連想してしまったユーザーも少なからずいるようです。

 そもそもクラスターとは、群れや集団などを指す言葉で、ネットでは「○○クラスタ」といった使われ方もされています。アプリ自体もコロナ禍となる前の2017年に公式リリースされているので、新型コロナウイルスとは何ら関係はありません。気にせず楽しみましょう~。

調査概要

調査期間2020年8月3日
調査対象Twitter
調査件数1万1362 件(10%サンプリング)
調査キーワードポケモンバーチャルフェスト
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ゲーム」のアクセスランキング