メディア

「甘栗むいちゃいました」の別名候補は「ポケモン」だった……?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。テーマは「甘栗」です。

advertisement

解説

 「甘栗」とは、中国・河北省の山脈付近に自生している栗のことです。「中国栗」という種類で、甘くて実がしっかりしており、渋皮がむきやすいという特徴があります。

 甘栗は「天津甘栗」とも呼ばれているため、「中国の天津で採れるから天津甘栗」と思われがちですが、違うそうです。中国・天津の港から、日本へ向けて出荷される栗を総称し、「天津甘栗」と呼ばれるようになったと考えられています。

 そんな天津甘栗を使ったヒット商品が、1998年に発売されたクラシエフーズの『甘栗むいちゃいました』です。甘さの目安の1つ、糖度が16度以上の栗だけを使い、独自の製法でつくり上げたものです。

 皮をむかず、手軽に甘栗が食べられるのと、『甘栗むいちゃいました』というネーミングのインパクトもあって、当初はテスト販売だったものが2000年には全国発売され、大ヒット商品となりました。

 ちなみにネーミングですが、『ポケットモンブラン』略して『ポケモン』という案もあったそうです。

advertisement

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい
毎週月曜〜金曜 7:37 – 7:42番組HP
晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.