メディア

10代が選ぶ「おすすめの小説」ランキングTOP10 第1位は『君の膵臓をたべたい』!【2021年最新調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 キーボードアプリ「Simeji」が、10代のユーザーに対してアプリ上でのアンケート調査を実施し、「おすすめの小説」ランキングを発表しました。

 現在の10代の若者に最も多く支持された小説はなんだったのか、結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:青くて痛くて脆い(住野よる)

画像はAmazon.co.jpより引用
青くて痛くて脆い (角川文庫)"

青くて痛くて脆い (角川文庫)

住野 よる
673円(10/23 18:32時点)
発売日: 2020/06/12
Amazonの情報を掲載しています

 第3位は、住野よるさんによる『青くて痛くて脆い』でした。「人に不用意に近づきすぎないこと」を人生のテーマとする田端楓と、「四年間で、なりたい自分になること」を自身の信念としている秋好寿乃。2人の大学生を通して青春のきらめきと残酷さを描いた作品です。

advertisement

第2位:ぼくは明日、昨日のきみとデートする(七月隆文)

画像はAmazon.co.jpより引用
ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)"

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

七月隆文
597円(10/23 18:32時点)
発売日: 2014/08/06
Amazonの情報を掲載しています

 第2位にランクインしたのは、七月隆文さんによる『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』でした。美大に通う主人公が意を決して声をかけた少女には、とある大きな秘密が隠されていて……というストーリーの切ない恋愛小説です。回答者からはタイトルを見て内容が気になったという声が多くあがっていました。

advertisement

第1位:君の膵臓をたべたい(住野よる)

画像はAmazon.co.jpより引用
君の膵臓をたべたい (双葉文庫)"

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

住野よる
100円(10/23 18:32時点)
発売日: 2017/04/27
Amazonの情報を掲載しています

 そして第1位は『君の膵臓をたべたい』でした。住野よるさんのデビュー作にして、ベストセラーとなった作品。膵臓の病気により余命いくばくもない少女の闘病日記「共病文庫」を青年が拾ったことで2人の心の交流が始まる、という青春小説。「滅多に泣かない友人も泣いた」「感情移入しやすく、号泣できる」など、涙なしには読めない作品として10代の若者から大きな支持を得ているようです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.