メディア

松屋とケンミンが「牛めしビーフン」開発  「ごはんの代わりにビーフン」の新提案、ネット販売で

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 松屋は8月8日、ケンミン食品と共同開発した「味付け焼ビーフン」を公式オンラインショップで発売します。ごはんの代わりになるという“牛めしにあうビーフン”で、価格は10食入り4000円(税込)。

 松屋の牛めしやカレーにあうように下味をつけたビーフンで、別売りの牛めしの具やカレーなどをかけて食べることを想定しています。製造はケンミン食品が、販売は松屋フーズが担当します。

 ケンミン食品によると、「ビーフンはお米からできているため、『牛めしの具をごはんのかわりにビーフンにかけたらおいしいのではないか』と担当者が考え、実際に試したところ想像以上においしかった」ため、松屋に提案してコラボが実現したとのこと。

 牛めしとビーフン、それぞれの新たな扉を開いてしまいそうな「牛めしビーフン」。その期待度をアンケート調査します。ご協力お願いいたします!

advertisement

アンケート

「牛めしビーフン」食べてみたい?
合計:153票
実施期間:2020/08/07〜2020/08/13
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「チェーン店」のアクセスランキング