メディア

インパクト抜群な「サックスが吹けるマスク」にネット上で賛否分かれる 「マスクの効果はあるの?」「発想は面白い」など反応多数

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 楽器店の島村楽器が、マスクをしたまま管楽器を演奏できる「シリカクリン/管楽器対応抗菌消臭立体マスク」を、8月18日より販売開始すると発表したことで話題となりました。

 新型コロナウイルスの感染拡大における新しい生活様式でも、「周囲に配慮しながら管楽器演奏を楽しみたい」「ソーシャルディスタンスを保ちつつ、より安全な環境で合奏をしたい」といった声に応えるべく開発されたそうです。

 このマスクが発表されたことで、Twitterでは管楽器の「サックス」がトレンド入り。実際にどういった反応があったでしょうか。詳しく見ていきましょう。

advertisement

「サックス マスク」の評価は?

 SNS分析ツールで「サックス マスク」を解析した結果、ポジティブな反応が88.9%、ネガティブな反応が11.1%と分類されました。

advertisement

「サックス マスク」の盛り上がりは?

 各メディアで報道された8月12日17時ごろから大きく話題となりました。その後、8月13日にも再び話題となっています。

advertisement

“楽器が演奏できるマスク”という発想に「面白い」との声

 ポジティブな反応と分類されたツイートでは「面白い」といった関連ワードが頻出していました。

 装着したまま楽器が演奏できるマスクという発想に対して「面白い」と反応するユーザーが多く「サックスがトレンド入りしているだけでもメチャクチャ面白いのに、サックス用マスクで腹筋持っていかれた」といった声が見られています。

 「サックス」がトレンド入りしたことでマスクの存在を知ったとのユーザーからは「マスクを装着しながら吹けるマスクを開発したんだって? なんにしてもサックスが注目されているのはうれしいかも」といった声も寄せられていました。

advertisement

マスクとしての効果を懸念する声も

 楽器が演奏できるマスクとしての発想を「面白い」とする声の一方で、マスクとしての効果を懸念する声も散見されています。特に、実際に管楽器を演奏したことのあるユーザーからは「意味がないのではないか」と指摘する声が多くあがっているようです。

 マスクとしての効果はあるのかを懸念する声だけでなく、「発想は面白いけど、演奏中に酸欠で倒れそう」「楽器をやりたい気持ちは分かるけど、絶対に酸欠になるw」など、演奏に支障をきたすのではないかとの意見も見られました。

 懸念の声が目立つ一方で、「木管楽器はマウスピースをくわえる横から割とつばが飛ぶので、それに関しては一定の効果がある。まあ、ここまで対策をしなくてはならないのかという落胆はあるが……」と、マスクの効果に期待を寄せる声も見られています。

advertisement

「リードを割ってしまいそう」と懸念する声

 マスクの効果を懸念する声の中には、リードが割れてしまうのではないかとの意見も多く見られました。

  リードとは、クラリネットやサックスを演奏する際に、マウスピースに装着して使用する薄くて小さな板のことです。息を吹き込んだときにリードが振動することで音が鳴り、管体全体に響きが伝わるようになります。

 リードには個体差があるため、奏者によっては大事なリードを長持ちさせるためにメンテナンスをする、自分の好きな音に近づけるために「育てる」という人もいます。

 Twitterでは「サックス吹きはヒヤヒヤする。怖いです」「大事に育てたリードをマスクに引っ掛けて割る未来が見える……」といった奏者からの悲観する声が見られました。大事に育てたリードがうっかり割れてしまったら……やっぱり怖いですよね。

調査概要

調査期間2020年8月12日 ~ 2020年8月13日
調査対象Twitter
調査件数2366 件(10%サンプリング)
調査キーワードサックス マスク
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.