メディア

【RX-7】マツダの歴代「RX-7」人気ランキングTOP14! 第1位は「2代目 SAVANNA RX-7 FC3S型(後期型)」に決定!【2021年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

第5位:3代目 アンフィニ RX-7 FD3S型(6型)

advertisement

第4位:2代目 SAVANNA RX-7 ∞(アンフィニ)

advertisement

第3位:初代 SAVANNA RX-7 SA22C型(前期型)

 第3位は「初代 SAVANNA RX-7 SA22C型(前期型)」で、得票数は274票でした。1978年に発売されたこの初代RX-7は、「サバンナRX-3」の後継となるモデルで、型式名は「SA22C」です。当時としては画期的な流線型のデザインが特徴的で、以降のモデルにも受け継がれるロータリーエンジンとリトラクタブル・ヘッドライトを搭載していました。

advertisement

第2位:3代目 RX-7 SPIRIT R

 第2位には「3代目 RX-7 SPIRIT R」がランクイン。得票数は457票でした。1991年から販売開始された3代目のRX-7は、より流線型を際立たせたデザインとなりました。この3代目より「サバンナ」の呼称が外され、当初はマツダの系列ディーラーの名を冠した「アンフィニRX-7」と呼ばれていましたが、後に「RX-7」が正式名称となっています。

 また、3代目RX-7には1~6型までのモデルが存在し、それぞれグレードの異なるバリエーションも数多く販売されました。なお、この「SPIRIT R」は6型をベースとした“最後の限定車”として知られています。

advertisement

第1位:2代目 SAVANNA RX-7 FC3S型(後期型)

 そして第1位は「2代目 SAVANNA RX-7 FC3S型(後期型)」でした。得票数は569票となりました。1985年に販売が開始された2代目「RX-7」は、フロントブレーキには日本車初の対向4ピストンのアルミキャリパーを採用しており、エンジンはインタークーラー付きターボ13B型を搭載していました。

 その後、1989年にマイナーチェンジが行われ「後期型」となり、各種形状・デザインなどが変更されたほか、出力も185psから205psに向上しました。現在でも多くのファンからそのフォルムの美しさが評価されています。

advertisement

投票結果(グラフ)

advertisement

投票結果(票数)

順位項目名票数
12代目 SAVANNA RX-7 FC3S型(後期型)569
23代目 RX-7 SPIRIT R457
3初代 SAVANNA RX-7 SA22C型(前期型)274
42代目 SAVANNA RX-7 ∞(アンフィニ)260
53代目 アンフィニ RX-7 FD3S型(6型)200
62代目 SAVANNA RX-7 FC3S型(前期型)136
7初代 SAVANNA RX-7 FB3S型(後期型)130
83代目 アンフィニ RX-7 FD3S型(1型)113
93代目 アンフィニ RX-7 FD3S型(5型)89
103代目 アンフィニ RX-7 FD3S型(4型)79
113代目 アンフィニ RX-7 FD3S型(3型)48
122代目 SAVANNA RX-7 CABRIOLET FINAL VERSION44
132代目 SAVANNA RX-7 CABRIOLET FC3C型38
143代目 アンフィニ RX-7 FD3S型(2型)31
その他10
advertisement

調査概要

調査期間2021年10月14日 ~ 10月20日
有効回答数 2478票
質問マツダの歴代「RX-7」で好きなモデルはどれ?

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング