メディア

「しょうゆ」がおいしいと思う都道府県はどこ?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本の食卓に欠かせない「しょうゆ(醤油)」。その歴史は長く、みそと並び全国のさまざまな地域で、その土地独自のしょうゆが生産されてきました。今日のしょうゆは、日本農林規格で、濃い口(こいくち)・淡口(うすくち)・溜(たまり)・再仕込(さいしこみ)・白の5種類に分類されています。

 今回ねとらぼ調査隊では「あなたが『しょうゆ』がおいしいと思う都道府県は?」というアンケートを実施します! あなたにとって一番おいしいしょうゆの産地はどこですか? この機会に教えてください。ここでは、しょうゆの産地として有名な3県を紹介します。

advertisement

千葉県


画像は「Amazon.co.jp」より引用

 千葉県は国内のしょうゆ出荷量のおよそ37%を占めていて、国内最大のしょうゆ産地として有名です。

 県内には、野田市に本社のある「キッコーマン」のほか、銚子(ちょうし)市に本社がある「ヤマサ醤油」や、同じく銚子に工場のある「ヒゲタ醤油」など、江戸時代から続く老舗企業が集まっています。中でもキッコーマンは、しょうゆだけでも30種類のラインアップがあり、日本だけでなく世界100カ国以上で販売しています。

 ほかにも千葉県には香取市の「ちば醤油」や、富津市の「宮醤油店(みや しょうゆてん)」など、県の東部や南部を中心にしょうゆメーカーが点在しています。

advertisement

愛知県

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 愛知県は発酵食品の製造が盛んな地域といわれ、しょうゆでは特にたまりしょうゆと白しょうゆが有名です。たまりしょうゆはしょうゆ麹(こうじ)の割合が高く、色が濃厚で粘度があります。愛知県・知多半島の武豊町には「ユタカフーズ」や「丸又商店」など、たまりしょうゆの蔵元が集まっています。

 白しょうゆは小麦を主な原料として使っている、最も色が淡いしょうゆです。碧南市が発祥の地で、ここには白しょうゆの専業メーカーがあります。 名古屋市でも「盛田」が白しょうゆを製造・販売しています。

 しょうゆ麹の濃度や色が違うたまりしょうゆと白しょうゆですが、昔は家に両方そろえている家庭も多く、たまりしょうゆに白しょうゆを合わせて、濃度を調整していました。戦後は、愛知県でも濃い口しょうゆが使われるようになりました。

advertisement

兵庫県

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 兵庫県は、しょうゆの出荷量が千葉県に次ぐ全国第2位。中でもたつの市は淡口しょうゆ発祥の地で、最大手の「ヒガシマル醤油」や「末廣醤油」をはじめ、さまざまなしょうゆメーカーが集まっています。

 この地域でしょうゆ造りが発展したのは、市内を流れる損保川の水質がしょうゆの醸造に適した軟水であったことと、原料の大豆や小麦、塩、米が手に入りやすかったことが関係しています。京都や大阪といった大消費地に近かったことも要因として挙げられます。兵庫県内ではほかにも、多可郡多可町や養父市にしょうゆメーカーがあります。

advertisement

あなたが「しょうゆ」がおいしいと思う都道府県は?

画像は「写真AC」より

 しょうゆは地域によって特徴が違い日持ちもするので、旅先のお土産やふるさと納税の返礼品などでも好まれます。これまでいろいろなしょうゆを試した人もいるでしょう。この機会にぜひ、みなさんのおすすめのしょうゆの産地を教えてください! またおすすめのしょうゆがある人はコメントをお願いします。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.