メディア

ジャポニカ学習帳“昆虫シリーズ”が期間限定で復活! SNSでは「デザインがかわいい!」と称賛の一方で「トレンドに苦手な虫が……」と苦悩の声も

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 多くの人が学生時代に愛用したであろう「ジャポニカ学習帳」。1970年に発売されたロングセラー商品で、表紙に昆虫の写真が大きく掲載されている「昆虫シリーズ」が特徴的でした。

 そんなジャポニカ学習帳の「昆虫シリーズ」が、発売から50周年を迎えた2020年に復活。ちなみに「昆虫シリーズ」は、昆虫が苦手な子どもたちからの声を受け、2012年ごろに表紙が昆虫から花に差し替えられました。

 「昆虫シリーズ」が復活すると発表されたことで、Twitterではトレンド入りするほどの話題に。実際にどのような反応があったのかを見ていきましょう。

画像は「ショウワノート」公式サイトより引用
advertisement

「ジャポニカ学習帳」の評価は?

 SNS分析ツールで「ジャポニカ学習帳」を解析した結果、ポジティブな反応が69.2%、ネガティブな反応が30.8%と分類されました。

advertisement

「ジャポニカ学習帳」の盛り上がりは?

 メディアで報道された8月24日20時ごろに大きく盛り上がりました。その後、8月25日8時ごろに最も大きく話題となっています。

advertisement

「懐かしい!」と子ども時代を懐古する声が相次ぐ

 ポジティブと分類されたツイートで、最も頻出していたワードは「懐かしい」でした。ジャポニカ学習帳という名称を見たことで、子ども時代を懐古するユーザーが頻出してるようです。

 また、実際にジャポニカ学習帳を使っていたユーザーからは「内側にちょっとした豆知識のようなページがあって、それを読むのが好きでした」「虫を触るのは苦手だったけど、ジャポニカ学習帳の表紙に載っている昆虫はかっこよくて好きだった」といった、ジャポニカ学習帳にまつわる思い出を語る投稿も見られました。

advertisement

復活する昆虫シリーズの表紙に称賛の声

 期間限定で発売される「ジャポニカ学習帳50周年記念 昆虫シリーズ」は、昆虫生態カメラマンである山口進さんの昆虫写真が表紙に使用されたシリーズと、かわいい昆虫のイラストが表紙に描かれた「昆虫イラストシリーズ」の2シリーズで、全10種類。価格は各190円(税別)です。

 出荷は8月27日ごろの予定ですが、既に表紙が公開されており、表紙を見たユーザーからは「ジャポニカ学習帳の復刻版デザインかわいいな。ぜんぶ欲しい」「写真版もいいけど、イラスト版もかわいい!」と、新たな表紙を「かわいい」と称賛する声があがっています。

 また、表紙の写真やイラストだけでなく「写真の周りのデザインかわいい!」と、周辺デザインを評価する声も多く見られました。 よく見ると、フォントやフレームなどのデザインが刷新されているようですね。

advertisement

昆虫シリーズ復活に複雑な心境のユーザーも

 「昆虫シリーズ」の復活が喜ばれている傍らで、現在も昆虫が苦手というユーザーも、もちろんいます。昆虫が苦手なユーザーからは「必要だと思うし、すてきだと思う。だけど私は超苦手……」といった複雑な心境がつづられていました。

 また、Twitterトレンドに「昆虫シリーズ」の復活が取り上げられていたことで「トレンドの画像をタップしてしまい『ギャーッ!』となる……虫嫌い」「虫が苦手なのに、トレンドを開くたびにジャポニカ学習帳の写真が見えて泣きそう」といった苦悩の声も。やっぱり苦手なものは苦手ですよね……。

調査概要

調査期間2020年8月24日 ~ 2020年8月25日
調査対象Twitter
調査件数2613 件(10%サンプリング)
調査キーワードジャポニカ学習帳
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング