メディア

「近畿・北陸の夕食が良かったホテル」ランキングTOP10! 1位は「ホテルうみんぴあ」【2021年9月時点/じゃらん】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 温泉、夕食、観光地、お土産など、旅行の楽しみはたくさんありますよね。出かける前から、あのお店や観光スポットに寄ろう、あのお土産を買って帰ろうなど、想像して楽しんでいる人も多いと思います。

画像は「写真AC」より引用

 今回は、リクルートが運営する旅行予約サイト「じゃらんnet」の協力のもと、「近畿・北陸の夕食が良かったホテル」ランキングを紹介します。ランキングは、じゃらんnetに投稿されたクチコミの「料理(夕食)」の評点をベースに作成。集計期間は2020年10月1日~2021年9月30日までの1年間で、該当するクチコミが15件以上の宿泊施設が対象です。なお同点だった場合は、クチコミ投稿数の多い施設が上位となります。

 それではさっそくランキングを見てみましょう!

(出典:じゃらんnet「近畿・北陸/泊まって良かった(夕食)宿ランキング」

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第3位:京乃宿 清水五条 呉竹荘(京都府)

画像は「京乃宿 清水五条 呉竹荘」公式サイトより引用

 第3位は「京乃宿 清水五条 呉竹荘」でした。五条坂バス停から徒歩3分、清水寺や高台寺、祇園までも徒歩圏内の便利な立地のホテルです。客室には呉竹荘オリジナルのマットレスを採用し、快適な眠りをサポート。アルコールも対象のハッピーアワーサービスや浴場、サウナ、貸切風呂など設備面も充実しており、旅の疲れを癒やすことができます。高評価の夕食は、姉妹ホテルの料理長監修による京会席。個室でゆっくりと食事を楽しめます。

advertisement

第2位:ブランシェット南紀白浜(和歌山県)

 第2位は「ブランシェット南紀白浜」でした。リゾート感を味わえるオーベルジュで、全室が独立したヴィラタイプのお部屋です。白浜温泉の湯をそれぞれのお部屋で堪能できます。夕食は五感を刺激するライブダイニング。白浜の海の幸が詰まったブイヤベースや熊野牛のローストビーフなど高級食材が並ぶ様子は圧巻です。旬の味覚を自分好みのスタイルでいただけます。和モダンの雰囲気がすてきなレストランは、優雅で上品な空間を演出。非日常を味わえるぜいたくなホテルです。

advertisement

第1位:ホテルうみんぴあ(福井県)

 第1位は「ホテルうみんぴあ」でした。若狭・小浜湾を望む全室オーシャンビューのお部屋は、全部で10タイプ。記念日に宿泊したいぜいたくなお部屋からリーズナブルに泊まれるお部屋までバラエティーが豊かです。海の眺望が広がるレストランで提供されるのは、旬を大切にした和洋創作料理。新鮮な海の幸に恵まれた地域ならではの献立に、地元産のきのこや地元野菜が彩りを添えます。宿泊者は隣接の温浴施設「シーサイドスパ おおいの湯」を無料で利用できるのもうれしいですね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.